フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2006年3月 | メイン | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

りんごの花

4jkludh9 河内長野市で家内達が借りている耕作地にあるリンゴの木に花が咲きました。羽ペンでスケッチ、淡彩で仕上げました。

摘花をしていないので小さなリンゴが鈴なりに成ります。試しに、思い切った摘花をしてみたいと思っております。

2006年4月29日 (土)

千代田短期大学

Pu02rpjd 河内長野市の千代田短期大学です。羽ペンと墨で描いたスケッチです。

さて、家内は近所の奥さん達と畑を借りて、大根・水菜・ジャガイモ・サツマイモなどを耕作しています。無農薬なので安心して食べられます。ところで、この耕作地は無償なのです。大概の地主は固定資産税相当額程度の小作料を徴しているようですが、この地主は無償で貸しています。どうして、無償なのかと考えてみました。それは、有料にすれば小作権などが発生して面倒で、無償であれば、いつでも解約できるから、ではないかと推察します。やはり、この地主はお金持ちなのでしょうね。

2006年4月28日 (金)

西除川付近の街角

Nsg3yqbq 大阪狭山市「西除川」付近の街角です。羽ペンと薄墨で描いたスケッチです。以前から箸ペン画は描いてきましたが、線の表現に変化を持たせるために羽ペンを試みました。この羽は、ゴルフプレイ中に拾った物で、おそらくカラスの羽だと思います。

さて、先にご紹介した「葉隠(はがくれ)」は、佐賀、鍋島藩の武士道書です。本文だけで1343項目あります。そして、その中で、武士に対する心得として、面白い次の記述があります。それは、大事な席であくびを催した時の対処法について、「あくびを催したときは、口を摘むんだままで、舌先を上前歯の付け根に押しつければ、周りに気付かれずにやり過ごせる」というくだりです。私は実際に実行していますが、調法しております。

2006年4月27日 (木)

クロッキー

Tiobpyy2 モデルのクロッキーです。20分で描き上げる速写画の練習です。これこそ枚数を重ねて、1000枚くらい描けば少しは見られる絵になるのでしょうか。

さて、昨夜遅くの帰宅途中、若者の勇気ある善行に遭遇しました。それは、昨夕、所属のボランティア団体の送別・懇親会があって、恒例の2次会のカラオケを済ませて乗車した電車内でのことです。と、いうのは、私が最後尾の車両に乗って15分くらい経った頃、一人の若者が車掌室の車掌に「後ろから3両目の車両で、暴行傷害事件が発生、けが人がでている」と通報しました。その後、急行電車停車駅の北野田駅で、駅員数名が担架持参で駆けつけて被害者を救出しました。この若者の機転(善行)が最悪の事態を阻止したのです。この光景に、思わず武士道精神(惻隠の情)健在を感じ、嬉しい気持ちになりました。

2006年4月26日 (水)

大山崎山荘美術館(模写)

Qtzrtosv 京都府の「大山崎山荘美術館」本館の玄関です。原画は本格的水彩画ですが、それを和紙(画仙紙)に薄くどうさを引いて、箸ペンで模写してみました。

この建物本館は、実業家加賀正太郎氏が自らの山荘として、設計、建築したものですが、大正時代に木造で建築された後、昭和初期に増築されたということです。

なお、別館の新館は、中庭を利用した半地下の美術館として有名ですが、安藤忠雄氏の設計です。

2006年4月25日 (火)

隠谷八幡宮境内 南

Ey3cwdre 河内長野市「隠谷(かくれだに)八幡宮」境内の南にある側道です。箸ペンと墨汁で描いた水彩のスケッチです。この神社境内には樹齢400年の大銀杏があります。 わざわざ由緒ある神社を訪れながら、構図が定まらず、このような絵になりました。

さて、いつも解せないことがあります。それは、通っているスポーツクラブでのことです。折角会費を払ってトレーニングにきていながら、3階の受付まで行くのにエレベーターを使っているひとが結構いる事です。

一方、聖路加病院の日野原教授は、94歳のご高齢ながら、エレベーターやエスカレーターには一切乗らず、エスカレーターに乗っている人よりも先に到着するとのことです。このような日々精進が重なって、今日の壮健なお姿があるのでしょうね。

2006年4月24日 (月)

マイロボット(3)

Z66r7tyu 「マイロボット」第3回目のご報告です。第9号(週刊)になりましたが、最終は第75号で、完成は1年半後になります。第1ステージ(1〜6号)は、<頭部の組立>で、頭部に機械部品や電子部品が収納されました。そして、6号では、頭部を動かせるようになり、頭部をなでると、頭部に収納のタッチセンサーによって、「なでられる」ことに反応しました。これは自分の「感情」を表現することができるという設定ですが、これはクリヤーしました。
以後、8号から14号までは、頭部に複数のマイクとサウンド追跡モジュールを組み込みます。これは、音声に反応し、その音源の位置を特定することができるようになるということです。

今後とも、順次進捗状況をご報告してまいります。

なお、このプロジェクトに興味をお持ちの方は、次のURLをご覧下さい。
http://www.de-club.net/myr/issue.php

2006年4月23日 (日)

山科疎水

Pmopmbd9 京都市山科疎水の櫻です。羽ペンと薄墨で、うすくどうさを引いた和紙(画仙紙)に描いた水彩スケッチです。今まで、箸ペンと製図用インクで多数描いてきましたが、太すぎる線と濃すぎる黒色が気になっていました。そこで、思い切って、羽ペンと薄墨で試みました。これも初めての事なので、この手法で良いのかどうか、数を重ねてみたいと思っております。

ところで、最近、くだらない事を考えたりしています。それは、昔から「人事を尽くして天命を待つ」といいますが、それよりも「天命を待って人事を尽くす」というのが正しいのではないかと思うのです。四六時中、がむしゃらに頑張るのは徒労で、好機が巡って来た時に始めて全勢力を傾けるのが良いのではないか、と思うのです。こんなことを申す私は、所詮、生まれついての怠け者だという証左になるのでしょうか。


2006年4月22日 (土)

堺市フォレストガーデン

70wd1pce 堺市フォレストガーデンです。和紙(画仙紙)に薄くどうさを引いて、水性サインペンで描いた水彩画のスケッチです。手前、左寄りの赤い花はワンポイントになるでしょうか。


ところで、この花の位置は偶然ですが、上下、左右それぞれ8:5の位置を「黄金分割」と言って、最も落ち着く割合だといわれています。そういえば、はがきや名刺など、縦横の寸法はこの割合になっているようですね。
ただ、この絵の欠点は手前の柵を左右いっぱいに描いている事です。視線が画面に入っていくのを妨げています。

2006年4月21日 (金)

セイロンベンケイ(3)

6m5aeoa0                            










当blogは、2月26日、「セイロンベンケイ」の成長記録を載せるために発足しましたが、この植物は熱帯性で、寒期の発芽、育成には困難を極めます。案の定、2皿の内の1皿は根腐れで枯れてしまいました。その枯れた方は、成長を促そうと湯沸かしポットの上に安置しておいたのに無理があったようです。
写真は、当初の分で、自然の室温で育てています。やっと20ミリに成長しました。30〜40ミリになったら土(ポット)に植えます。

さて、当初の「セイロンベンケイの成長記録」だけで、当blogを継続させていくのはとうてい無理ですね。そして、その後に加わった「マイロボットの組立」も週刊で、日々更新とはいきません。ということで、つたない水彩画を掲載して行かざるを得ないことになりそうです。