フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2006年9月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

蕗(ふき)の花

0rfkoztg 拙宅(河内長野市)の裏庭の蕗に花が咲きました。
この蕗は借用している家庭菜園の畑に繁殖しているのを数株植え替えたものです。黄色で小菊のような可憐な花です。
そんな蕗をボールペンでスケッチしました。

さて、管理している「水彩画同好会」のホームページ掲示板に出会い系サイトの迷惑メールが読出していることをご報告、その対処法についてご教示を頂戴しているところですが・・・。
管理者ページで当該投稿をその都度「削除」してきましたが、削除して半日後には表題を替えて再投稿があります。
そのような状況なので、昨夜「水彩画同好会」ページのアップを一時停止する措置を講じました。
当面この一時停止を続けて後、再開後様子を見てみたいと思っております。
なお、引き続き有効手法についてのご教示を頂けますようよろしくお願い致します。

2006年10月30日 (月)

セイロン弁慶草(13)

Xp9nb8mv 「セイロン弁慶草・成長記録」第13回目のご報告です。
初めてこのblogをご高覧下さった方のために少し説明します。この植物の発芽はこの植物の葉っぱからで、めずらしい植物です。それで、別名「葉から芽」とも言います。熱帯性で最長1メートル位になって、花が咲くようです。今年の2月末にパソコンの勉強仲間から頂戴しました。従って、9か月が経過したことになります。茎の丈が24�になりました。
このblogは、もともとこの「セイロン弁慶草」の成長記録を記事にしようとして始まりました。でも、「blog」は元来「ウエーブログ」の略語、毎日更新が原則です。とてもこの植物だけでは記事内容を維持できません。そして、やむなく登場することになったのがつたない水彩画です。毎日1枚ずつ描き続ければ少しは上達するかも・・・、という淡い期待をしながら続けている次第です。

ところで、私は別に水彩画同好会のホームページの管理をしていますが、最近「掲示板」に「出会い系サイト」の迷惑投稿が続出して難儀しています。どなたか有効な対処法をご教示頂けないでしょうか。

2006年10月29日 (日)

倉敷の民家

Huyt0e63 岡山県倉敷市倉敷川沿いの民家です。江戸後期の居宅でしょうか。
4Bの鉛筆でのスケッチを淡彩で仕上げました。

さて、「菜根譚(さいこんたん)」では、「絶頂の危機、ドン底の転機」という表題で次のように説いています。前集の第117項です。

物事が下り坂となる兆候は、隆々たる発展の絶頂において、早くも現れてくる。新しい成長の芽生えは、逆境のどん底のなかから生じてくる。
順調なときにこそ、精神を集中して起こりうる異変に備え、災厄に出あったときには、ますます意志を強固にして目的の達成につとめるのが、君子としての生き方である。

2006年10月28日 (土)

倉敷(地酒の土手森)

Zqufu2si 岡山県倉敷市の倉敷川沿いにある「倉敷・岡山の地酒土手森」です。このお店の人気商品は日本一辛口の「爺々婆々」や「白桃酒」そして「マスカット酒」です。
そのお店をボールペンと水彩絵の具でスケッチ画にしました。

さて、「菜根譚(さいこんたん)」では、「人生は苦か楽か」について次のように説いています。後集の第73項です。

物欲にしばられてこの世を送れば、人生は悲しいことばかりだ。だが、人間の本性にめざめて生きていけば、人生ほど楽しいものはない。
物欲にしばられた人生の悲しみを悟れば、無意味な執着はたちまち消え去るし、本性にめざめた人生の喜びを知れば、おのずから清らかな心境を得ることができるだろう。

2006年10月27日 (金)

姫リンゴ

31kbafhs 「姫リンゴ」です。お向かいのご主人が丹誠込めた盆栽です。リンゴは春の開花から秋の結実まで長い期間楽しめ、家庭で鉢栽培により多種類のリンゴを栽培できるようです。
この鉢植えは「アルプス乙女」で、自家受粉する美味しい小型のリンゴだそうです。

さて、私の水彩画同好会の友人竹井氏が自筆旅行記を出版することになりました。仮の書名は「インド・イスラエル・アメリカ・巡礼の旅から見える日本のゆくえ」です。
近々、上京して編集の打ち合わせをするようです。出版社は「文芸社」。私が以前、中学の恩師(故)竹中不拙氏の随筆集「獅子身中の虫」の出版を逝去の直前に託され、それを実現させたのが「文芸社」だったので、同社をお勧めした次第です。
竹井氏の原稿は秀逸、出版社は是非全国展開を考えたいといっているようです。私も拝読しましたが、インド編では化身(生き神)のあの「サイババ アシュラム」を目の前にしたり・・・、興味ある内容です。実際に出版、販売は半年後になるようですが、その際は宣伝を兼ねてご紹介したいと思っております。



2006年10月26日 (木)

倉敷チボリ公園

Bqmujclp 岡山県倉敷市の「倉敷チボリ公園」です。「JR倉敷駅」の北側にあります。
又、「JR倉敷駅」北口に隣接して「高速バス」のりばがあります。
この絵は、高速バスのりばからのスケッチです。ボールペン、水彩絵の具で仕上げました。

さて、私のぎっくり腰は発症から2週間が経過、昨夜治癒後2回目、スポーツクラブで汗を流してきました。通常の種目をいつものように恐る恐るこなしましたが、どうやら無事のようで、やれやれです。次の課題は30日のゴルフの練習です。まあ、ゴルフの方はたいがいの時に頂戴しているチョコレートをお返しするちょうど良い機会の到来・・・、位の気持ちで臨めばよいのかも知れません。
ゴルフ仲間はパソコンオンチ、それを承知で好きなことを言っております。

2006年10月25日 (水)

倉敷(地酒の塚村商店)

Cz_udd6t 岡山県倉敷市本町の「地酒の塚村商店」です。倉敷川から東、「井上邸」へ行く途中にあります。
4Bの鉛筆でスケッチ画に、水彩で着色しました。

さて、私の水彩画は8年前に左目の白内障手術を受けたときに端を発します。右目はもともと健常でしたので、これで両眼でまともに見ることができることになりました。
手術前は、へらブナ釣りの浮きが2本に見えたり、ゴルフのパッティングでボールが2個に見えてどちらを打てば良いのかと戸惑うほどでした。
手術の結果、(元来近眼ですが)矯正視力1・5になって風景が明るく鮮明に見えるようになりました。この感激が冷めないうちに絵画を始めようと決心した次第です。

ところで、白内障は老化現象の一種、経年劣化の現れですが、眼底(網膜)が健在で、たんに水晶体(レンズ)の異常の場合は人工レンズ挿入の施術が有効だと確信しています。

もっとも、よく見えるようになったことと絵の方の進歩は別問題のようで・・・、生涯の課題になりそうです。

2006年10月24日 (火)

倉敷(井上邸)

Winvnqwj 岡山県倉敷市本町の井上邸横通路です。左側の建物です。井上邸は「国重要文化財指定」です。倉敷川の東になります。
ボールペンでスケッチ画にして、淡彩で仕上げました。

さて、義兄(家内の兄)は7月末に70歳、非常勤の身分になって時間に余裕ができたのを機会に、念願の「四国お遍路詣り」に20日から出掛けられています。日程は10日間とかで、これから3〜4回出掛けて88箇所を全うされるとのことです。
ところで、各所での納め札には「安心平和健康長寿」と書かれているとか。これは、ご自分、家族、親戚、友人そして依頼者みんなが無事に過ごせるようにとのお気持ちからのようです。
常勤の時は世の紛争処理に係わる職務だったので、それらから一応開放されて、気持ちを安心立命の境地にされ、新たな気持ちで今後の人生を清々しく過ごされたいお気持ちだと察しているところです。
今宵は小雨、ナイトキャップの湯割り焼酎も効いて、久々にしんみりと致しました。

2006年10月23日 (月)

暗峠(くらがりとうげ)

1qghagor 大阪府東大阪市枚岡から奈良県南生駒へ通じる「暗街道(くらがりかいどう)」にある「暗峠(くらがりとうげ)」の「峠の茶屋・すえひろ」です。松尾芭蕉の一行もここを越えています。その時に、「菊の香にくらがり登る節句かな」の一句を遺しています。

さて、この絵は、昨日(22日)まで開催されていた「河内長野市文化祭・美術展」に出展した6号の水彩画スケッチです。ボールペンでのスケッチです。この美術展は多種多様、油彩画も水彩画と並んで展示。水彩画で出展する場合は本格的な迫力のあるガッシュぽい作品でないと見栄えがしないように思います。もっとも、このことは今回の作品の出来の善し悪しを棚において・・・、とご指摘を受けそうです。

ところで、「暗峠」のスケッチはこのblogの10月3日の記事にも登場しています。

2006年10月22日 (日)

倉敷川(廣榮堂)

Ae6utpac 岡山県倉敷市の倉敷川沿いのきびだんごの「廣榮堂」です。先日はこのお店をアップで描いたのを掲載しましたが、この絵は倉敷川の対岸からのスケッチです。ボールペンと水彩絵の具の淡彩で仕上げました。果たして江戸時代の街並みの雰囲気がでているでしょうか。

さて、「菜根譚(さいこんたん)」では、「春と秋」について次のように言っています。後集の第46項です。

春の景色は賑やかで華やかで、人の心をとろかす。だが、秋ともなれば、雲は白く流れ、風はやみ、蘭(らん)やモクセイの花が香って、昼は空も水も青一色にすみわたり、夜は月の光が空中にも水中にも満ち満ちて、人々は身も心も清らかになる。この趣にくらべれば、春の趣はとうてい及ばない。

ところで、昨日はぎっくり腰になってから11日目、まだ完治とはいえませんが、スポーツクラブで腰に関係しない上半身の種目をおそるおそる行ってきました。今月末の30日にゴルフを控えています。おそるおそるのトレーニング再開です。