フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

晩秋の法輪寺(奈良県斑鳩町)

1jfwgoso 奈良県生駒郡斑鳩町の「法輪寺(ほうりんじ)」です。昨日の記事にも登場しましたが、これは昨日の反対(西)側の風景です。

その風景を1.0�のボールペンでラフにスケッチしました。

この法輪寺は、「三井寺」とも呼ばれ、「法林寺」「法琳寺」とも書くようです。宗派は聖徳宗、本尊は薬師如来座像。

この寺は、法隆寺東院の北方に位置します。ところで、この現存する三重塔は1975年の再建であるため、世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」には含まれていないようです。

さて、明日は京都・伏見稲荷から東福寺方面へ職場の仲間達とハイキングにでかけます。今年の遅れている紅葉に巡り会えるか楽しみにしております。

2007年11月27日 (火)

法輪寺(奈良県生駒郡斑鳩町)

5pifl4iu 奈良県生駒郡斑鳩町の「法輪寺」です。有名な「法隆寺」から徒歩5分のところにあります。斑鳩の里には三塔があります。それは「法隆寺」、「法起寺」そしてこの「法輪寺」の塔です。

紅葉を求めて所属の写生会から「法隆寺」へ訪れましたが、紅葉はわずか、もう少し後の方が良かったようです。

この絵は、その「法輪寺」の塔をスケッチしたものです。6Bの鉛筆で描きましたが、もう少し近景、中景そして遠景の区別が表れるよう、「空気遠近法」を駆使すべきでした。

さて、往年の名画「椿三十郎」が新しいメンバーで制作、12月1日から封切られるようです。

往年の名作「椿三十郎」は、私が20歳の頃封切られましたが、黒沢監督、三船敏郎主演のこの映画、すっかり気に入って5〜6回観ました。

今回新しいメンバーで制作、台本の台詞(せりふ)はそっくりそのままだとのことです。是非、この映画も鑑賞して、往年の名画と比べてみなければなりません。


2007年11月25日 (日)

牛窓温泉(岡山県瀬戸内市)

Ndjldnbh 岡山県瀬戸内市牛窓町の「ホテルリマー二」からの風景です。このホテルは「東洋のエーゲ海」に面していると謳(うた)っています。

昨日の記事「竹久夢二の生家」を見学の後、このホテルで親睦会が開催されました。冒頭の役員の挨拶、乾杯の音頭が終わると同時に、海側のカーテンが一斉に開けられ、眩しい太陽の光と共に海を臨む風景がパノラマ風に展開されました。まさしく「東洋のエーゲ海」の到来です。見事な演出でした。

そのホテル桟橋に係留のヨットの風景を1.0�のボールペンでスケッチしました。線に動きを与えるためにあえて複数の線を描いて、硬い画面にならないよう工夫に努めたつもりです。

さて、このスケッチ画を描きながら思うことがあります。それは亡父のことです。10年前、亡父は所属の「日曜画家協会」からのスケッチ旅行に出掛け、この近くの日生(ひなせ)漁港から舟で渡った島でスケッチ後、昼食時に心臓麻痺を起こし、86歳で亡くなりました。

ご同行の皆様にはその節は大変ご迷惑をお掛けして申し訳のないことでしたが、亡父は好きな趣味の最中に最後を迎えた、いわば「ぴんぴんころり」を文字通り実践した死に様でありました。本人はさぞ満足ではなかったかと推察しております。

私は67歳、70歳に近づいたこの頃、時々死に際を考える歳になりました。そして亡父のように「ぴんぴんころり」と逝きたいものだと念願しながら、この1枚を描いた次第です。

2007年11月22日 (木)

竹久夢二生家(岡山県瀬戸市)

Nkgbkujb 岡山県瀬戸市邑久町本庄にある「竹久夢二」の生家です。
夢二芸術の原点ともいえる穏やかな自然、美しい山河にかこまれたこの家で生まれ、16歳まで過ごしたようです。

茅葺きの家は生前そのままに保存され、素描、版画等が展示されておりました。入り口には有島生馬氏の筆になる「竹久夢二ここに生る」の碑がありました。

昨日の記事「閑谷学校」参観の後、この「夢二生家」、「夢二郷土美術館」そして「少年山荘」を訪れました。

この絵は、その夢二生家をスケッチ画にしました。昨日に続いて6Bの鉛筆です。ここのところボールペンで描いてきましたが、今回は鉛筆を使用してみました。件の「透視遠近法」そして「グリザイユ画法」の実践に心懸けました。

さて、夢二の代表作「立田姫」(25歳で死別した夢二最愛の彦乃がモデルの屏風絵)を鑑賞しましたが、夢二は独特の画風ですね。その作品は愛好家の間では数億円を下らないといわれている傑作とのことですが、とても人物画画法の参考にはなり難いと思いました。

2007年11月20日 (火)

閑谷学校(岡山県備前市)

0iw4fjpg 岡山県備前市の「閑谷(しずたに)学校」です。この学校は世界最古の庶民のための学校だといわれています。先週17日(土)、所属のボランティア的職場の研修旅行で訪れました。

1670年(寛文10)、岡山藩主池田光政の命により、庶民教育のための学校が閑谷に設置されました。

この絵は閑谷学校敷地内にある「聖廟(せいびょう)」です。正門脇の楷(かい)の木がみごとに紅葉しておりました。

その風景を6Bの鉛筆でスケッチ画にしました。いつもながら、紅葉の彩色は難しいと思います。

さて、通っているスポーツクラブ「コスパ金剛」では、目下「体験ダイビング」が開催されています。1時間の実習とのこと。検討してみたいと考えております。

2007年11月19日 (月)

長居公園(大阪市東住吉区)

Cirm7jbl 大阪市東住吉区の「長居公園」です。JR阪和線「鶴ヶ丘駅」またはJR阪和線・地下鉄御堂筋線「長居駅」下車すぐです。

この長居公園内には「長居スタジアム(大阪市長居陸上競技場)」があります。かって長居公園内にあった大阪中央競輪場(1962年に廃止)の跡地に建設されました。開場は昭和39年(1964)、東京オリンピック開催と同じ年です。収容人員は50,000人。サッカーチーム「セレッツ大阪(Jリーグ)」のホームスタジアムでもあります。

「大阪国際女子マラソン」発着点等でも知られています。

さて、その長居公園の風景を4Bの鉛筆でスケッチしました。今日18日は寒い一日でしたが、私達の他3グループの皆さんも紅葉を描きに訪れていました。

2007年11月18日 (日)

日向港(若狭)

Ip9vps_y 福井県若狭市の「日向港」、静かなたたずまいの漁港です。

この漁港では、釣り人も多数。岩壁からハマチを目当ての竿に40�越えを数本釣り上げている人を見かけました。

私達はスケッチ旅行でしたが、魚釣りでも訪れたいところでした。

さて、その風景を1.6�のボールペンでラフにスケッチしましたが、もう少しスケッチ画らしく塗り残しを多くした方が良かったかも知れません。悔いの残る1枚でした。

2007年11月13日 (火)

曾禰神社(泉大津市)

Fatcivyv 大阪府泉大津市の「曾禰(そね)神社」です。「池上曽根史跡公園」に隣接しています。

この曾禰神社は、天武天皇4年(654)創建、「国内神名帳」の神位は従四位であり、社格は村社。

曾禰神社という名の神社は他に、大阪市平野区にもあるようですが、その関連について、機会を見つけて調べてみたいとも思っております。

さて、この社殿を1.6�のボールペンでラフにスケッチしました。

ところで、本殿の手前に鳥居がありますが、もう一つ大きな鳥居が境内に入る手前にもあります。元来神社の神域を示す鳥居とは別に、本殿のすぐ前にも鳥居があるのは珍しいのではないかと思いましたが、他にも例があるのでしょうか。

2007年11月12日 (月)

曾禰神社(大阪府泉大津市)

6ajvdd10 大阪府泉大津市の「曾禰(そね)神社」境内からの風景です。
この風景の手前には曾禰神社の鳥居があります。

曾禰神社境内、鳥居からの風景を1.6�のボールペンでラフスケッチしました。

この構図は昨日の記事、「熊川宿」の風景とよく似ています。この奥行きを感じさせる「一点透視画法」の体現です。

このページのタイトルに「曾禰神社」と入れながら、神社の風景がないのは奇妙なことです。後日、神社のスケッチも載せたいと思っております。

この神社は、JR阪和線「信太山駅」から徒歩7分、「池上曽根史跡公園」に隣接しております。

2007年11月11日 (日)

熊川宿(若狭鯖街道ーその四)

Nhri18lr 一昨日に引き続き、福井県「若狭鯖街道」の「熊川宿」です。

これは、「若狭鯖街道」の表通りからは脇道に入った風景です。表通りは「重要伝統的建造物群保存地区」として、文化財保護行政の推進、統一した保存、整備事業の成果が伺われるところです。それはそれとして有用な事業だと思いますが、私は建物の長年の経年劣化を感じさせるそのままの、整備をしていない風情がむしろ好きです。その意味で、この風景が気に入りました。

その風景を1.6�のボールペンでラフなスケッチ画にしました。

この絵は、件の「グリザイユ画法」によって、まず影から塗りましたが、いつもより強く影を塗ってみました。それは「絵画は所詮光と影の表現である」という基本理念に忠実に従ってみた結果ではあります。