フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

荒山公園(大阪府堺市)

Mdnkyk9w 大阪府堺市南区の「荒山(こうぜん)公園」です。
荒山公園の梅林は、総面積2万7300平方メートル・昭和59年から60年にかけて植栽、47種・約1300本あり、2月中旬から3月上旬に見頃を迎えるとのこと。

その風景を、耐水性の水性ボールペンでラフにスケッチしました。そして満開の紅梅を「パーマネントアリザリンクリームソン」で着色しましたが、桜の風景と見間違う出来上がりになってしまいました。

さて、「すき焼き」の調理法は、地方ごとや各家庭で異なり、単純なようで千差万別のようですね。

我が家はまず砂糖と醤油で焼いた肉を生卵で食します。そしてその後に、ネギ・麩・焼き豆腐・糸こんにゃくなどを入れて食し、その後は肉も加えていくという手順です。これは食通で有名な北大路魯山人の流儀に倣っているつもりですが、それはそれで合っているのかどうかは不明です。

単純なようで微妙に異なる、すき焼きの調理法に関して、各地の様子を知りたいと思っております。ご存じのことをコメントでご教示下されば・・・、と思ったりしております。


2008年2月24日 (日)

多治速比売神社(堺市荒山公園)

Vquyzrip 今日(2月24日)は寒さ厳しい一日でしたが、大阪府堺市南区の「荒山(こうぜん)公園」へ観梅がてらスケッチに出掛けました。拙宅からは案外近く、車で45分の距離でした。

その荒山公園は梅の名所、梅の木は47種・1,300本あり、2月中旬から3月上旬に見頃を迎えます。そして又、この公園内には「多治速比売(たじはやひめ)神社」があります。この絵はその本殿です。

その本殿をフランス製コンテ鉛筆(HB)でラフスケッチ、淡彩で彩色しました。背景には神社にふさわしい鬱蒼とした楠が繁っていますが省略しました。

この神社にも菅原道真(845〜903年)公がまつられておりますが、公は36歳で文章博士に選ばれるほどの学者であり、京都から太宰府へ流された際に作った、あの「飛梅(とびうめ)の伝説」は余りにも有名ですね。

東風吹かば  匂いおこせよ 梅の花
          主なしとて 春なわすれそ

そして今も、太宰府天満宮(福岡県太宰府市)にその梅をみることができるようです。

さて、一旦帰宅してから、久し振りに(以前記事にした)洋菓子の「コンツェルン・河内長野店」で息抜きをしましたが、お店は改装されていて、「セルフサービス方式」になっておりました。
それはきっと、原材料(小麦粉)の仕入れ値の高騰があり、当然販売価格を値上げせざるを得ないところ、従前通りの価格に抑えるために採った苦肉の策ではないかと勘ぐっていますが、それは考え過ぎでしょうか。

2008年2月22日 (金)

シクラメン

Pncsedrr シクラメンのスケッチです。水彩画ですが、一部クレオンやハードパステルを使用しました。

さて、先日は副流煙の弊害について書きましたが、そのことは医学的にも実証されていることで、万人がお認めになっていることだと思います。

ところで、その副流煙をことさら嫌うのは今まで生まれてこの方一切喫煙経験のない人よりも、むしろ過去に喫煙経験のある(現在)禁煙者にその気持ちが強いのではないか、と思ったりしております。

実は、私は過去に喫煙の経験があります。それも相当早い時期に経験しています。(半世紀前のことで、時効は十分成立している上での白状ですが、)それは高校2年生の時でした。その頃亡父は46歳、パイプ煙草を時たま愛用していました。私は密かにそのパイプにブランデーの染み込んだきざみ煙草を詰めて吸ってみたのです。そしたら、目の前がくらくらとして、えも言わず酔った気分になりました。ところが、そのような気分になったのはその時の1回だけで、2回目からは身体にニコチンに対する免疫ができたからでしょうか、そのような体験はありませんでした。そして、高校時代の喫煙経験はその後数回で終わりました。

成人後はご多分に漏れず、遊び半分で吸ったりしておりましたが、30歳前半からは一切の禁煙を貫いて、30数年になります。

副流煙にまつわって、又してもよしなしごとを書きました。



2008年2月19日 (火)

厳寒の伊吹山

Ul5bq46q この絵は、blog相互リンクをお願いしている「山鳴らしのささやき」さんの2月18日の「氷結した三島池」の写真作品を拝借して、つたない淡彩画にしたものです。

「山鳴らしのささやき」さんの写真作品は、拝見するたびに、どうすればこんなに素晴らしい作品が撮れるのだろうと感銘するばかりですが、この構図を是非拝借して淡彩画にしてみたいと思った次第です。山鳴らしさんにはお許し頂けますようよろしくお願い申し上げます。

さて、先日、詐欺に遭いかけた鬱陶しい話を書きましたが、今日は嬉しかったことを書きます。
それは去る14日、1泊2日で「三重県志摩磯部」の「的矢」へ名産の牡蠣を目当てに行って来たときの話です。

風景を撮るために持参していたデジカメ(ソニー製サイバーショット)を往きの特急電車内に置き忘れて下車してしまいました。
そして、帰宅後、一応念のために近鉄難波駅に電話で問い合わせたところ、「鳥羽駅で確保している」との回答をいただき、欣喜雀躍。宅配便で送付を依頼、翌日現物が戻ってきました。

私の不注意のために、拾って下さった方、近鉄難波駅の方そして近鉄鳥羽駅の方々に大変お世話になりました。
一時はあきらめていたデジカメが無事戻ってきたことが、大変嬉しく、感激して記事にした次第です。

2008年2月18日 (月)

一徳防山(大阪府河内長野市)

Vrjt6vft 大阪府河内長野市南部の「一徳防山(いっとくぼうさん)」をいつもの職場の仲間6人で登頂してきました。  
ルートは南海高野線「三日市町駅」が起点の歩行3時間半。標高は541m、あまり高くはありませんが、急峻な登りなど少しワイルドなところもあり、変化に富んだ自然林の中の素晴らしいルートでした。
登頂した昨日(19日)はうっすらと積雪を見た寒さ厳しい1日でしたが、晩秋には全山が色づいて、黄色、赤のグラデーションが美しいとのことです。

河内長野市では大阪府下最高峰の「金剛山」登山が人気抜群ですが、拙宅から近いところにこのような隠れたコースがあることに気付き、感銘した次第です。

さて、この絵は登山コースの最終地点近く「中日野」の田園風景です。耐水性の水性ボールペンでラフなスケッチ画にしました。

河内長野市は人口12万人、面積は(府下で)堺市に次ぐ広さですが、里山風景があちこちに見られる自然豊かな町であることを再認識しました。

2008年2月10日 (日)

雪の「天野山金剛寺」(大阪府河内長野市)

U2jzqity 大阪府河内長野市にある「天野山金剛寺」の「多宝塔」です。

9日(土)昼過ぎ、積雪を見たので急いで自宅から車で8分の「天野山金剛寺」へ出掛けました。自宅を出るときにはかなりの降雪でしたが、お寺に着く頃にはみぞれに変わり、積雪は5センチ位、お寺の境内も薄化粧に止まりました。

その「多宝塔」の風景をくだんの耐水性の水性ボールペンでラフにスケッチしました。私は通常空には彩色せず、塗り残していますが、この絵は雪の白を強調するために、空に薄く灰色を入れてみました。

さて、一昨日の朝、久々に(打席指定の)特急乗車券を求めたところ、禁煙席は売り切れ。やむなく「喫煙席」に乗車しましたが、車内はもうもうと煙が立ち込め、あたかも「護摩行」に参加しているような雰囲気でした。

一昨年から法規制で、一般に建物内では喫煙禁止。愛煙家達は遠慮がちに、寒風の中戸外で喫煙している姿をあちこちで見かけます。その反動でしょうか、喫煙車両の乗客は絶えず煙を出し続け、権利の行使に余念がありません。

ところで、喫煙といえば、「副流煙」が問題となっていますね。主流煙よりも副流煙の方が影響が多いともいわれています。

まあ、そんなことで、特急は禁煙席が売り切れの際は断念して、急行で立って通勤しようと誓ったものでした。



2008年2月 7日 (木)

光明池(大阪府堺市南区)

Opuxj9_m 大阪府堺市南区の「光明池」。これは池の中央に架かる「光明池大橋」からの風景です。奇妙なことに池には水が無く、微かに小川のような水の流れが見られるだけです。この池がこのような渇水状態になるのは珍しいことです。

その風景を耐水性の水性ボールペンでスケッチしました。この日は曇天で、時たま雪が舞う寒い一日でした。このような渇水の池を描きながら、絵の題材としては如何なものか、と考えたりしました。

さて、今日の昼過ぎ勤務からの帰途、奇妙な体験をしました。それは近鉄難波駅から地下道で南海難波駅に向かう途中でのことです。いきなり「お久し振りです!お元気そうですね。私は以前に(あなたが)お勤めのところで運転手をしていました。」そして、「私はガンを患い20キロ体重が減って、昔の面影はなく、私が誰かは思い出せないでしょう。実は私は競馬で3,000万円儲けました。」、といってズボンのポケットの札束を見せるのです。300万円位はあったでしょうか。そして、「私は新聞では知り得ない情報を入手できるのです。是非貴男に勝って貰いたいのです。」というのです。

私が8年前現役で勤務していた職場には運転手さんが20数名はいましたので、てっきりその中の1人だと思いこんでおりました。そして、彼の「まあ、お茶でも飲みましょう。」という誘いで、(そもそも、今から思えば、はっきり確認できない人の誘いに乗るのは不注意千万ですが、)近くの喫茶店に入りました。そして、私は珈琲を、彼はアメリカンを注文してまもなく、1人の男が(彼の友人だと言って)私の横に同席。その又直ぐに別の男が前の席に座りました。

そして、私の勤務を聞くので、職種だけを答えておきました。その間、彼等は終始穏やかな話しぶりで、身なりも普通で決して怪しい者の素振りはみじんも見せませんでした。

その内に、私の隣に座った男が「初めは(馬券を買うのは)5万円位にしておいた方がよい。」というのです。それに対し、私は「今日は持ち合わせがないので(馬券購入は)断念する。」といったところ、その男は「買った馬券が外れたら訴えられるかも知れない。薦めない方がよいかも。」と笑いながら席を立ち、続いて別の男も出ていき、その彼も勘定を済ませて立ち去りました。

今から思うと、私はよっぽど騙しやすく見えたのかも知れません。5万円を「馬券を買ってきてあげよう」とかいって、詐取する手口ではなかったかと思います。

今日の彼等は人の良さそうな善良なお節介な人物に見えました。従って、実際にまんまと引っかかって騙される人がいるかも知れません。詐欺師や詐話師は決してそのけを微塵も見せず、見事に騙すものだろうと思いました。

「おれおれ詐欺」で騙される人を、私は常々不注意な人だと思っておりました。しかし、今日の奇妙な体験を通じて思うことは、彼等詐欺師や詐話師は人の心理を巧みに操り、見事に仕事をするのだ、と感嘆さえおぼえた次第です。




2008年2月 5日 (火)

ヘアーコーディネートクラブ「Broadway」(堺市南区)

Z071ljdc 大阪府堺市南区原山台2丁2−1のヘアコーディネートクラブ「Broadway」です。泉北高速鉄道「栂・美木多駅」前の「Garden City」3階にあります。

そのお店を耐水性の水性ボールペンでスケッチ画にしました。用紙は和紙を使いましたが、いつもの水彩用紙を使った方が良いように思います。後日用紙を替えて描き直したいと思っております。

さて、このお店は南海難波駅地下にある理髪店「庄司」グループのチェーン店です。私は昨年末からこのお店に通うようになりました。店長は半年前に難波店「庄司」から異動で店長に栄転された方です。
私は常々あらゆるお店の善し悪しは、構えや造りよりも大事なのは店員さんの接客マナーだと思っております。どんなに素晴らしい構えのお店でも店員さんの接客マナーが悪いとぶちこわしです。
このお店は設備だけでなく、店員さんの接客マナーも抜群。私はこのお店を今後とも贔屓にしたいと思っております。

2008年2月 4日 (月)

静物スケッチ

Jje60mtu 久し振りに静物(空き瓶)をスケッチしました。下描きはフランス製のコンテ鉛筆HB、用紙はアルシュ荒目です。アルシュはフランス製でコットン100%の水彩紙ですが、数ある中で、特異な性質を持った用紙だと思います。水分をよく吸収するので水張りして使用した方が良いようです。

さて、昨日の河内長野市は先日に続いて数�の積雪を見ました。温暖化が懸念されている中での積雪です。一体温暖化と積雪の関係はどのように考えればよいのでしょうか。理解に苦しみます。

2008年2月 3日 (日)

東大寺二月堂(奈良市)

Nnbucmbd 奈良市の「東大寺二月堂」です。この絵の一番奥の建物です。

その東大寺二月堂を臨む風景を耐水性の水性ボールペンでラフなスケッチ画にしました。このアングルは絵画の人気スポット、春先になると必ず絵画する人達を見かけます。

さて、東大寺二月堂は「お水取り」で知られた寺です。関西に春を告げる行事としても有名です。行事は2月20日から月末までの「前業」と、3月1日から14日までの「本業」からなります。

「お水取り」は火のダイナミックな祭典の「おたいまつ」で有名ですが、この行事は正しくは「修二会(しゅにえ)」というとのこと。

この東大寺二月堂のお水取りは、奈良時代開始以来一度も休んでなく、今年は1,257回目になるようです。

関西に春が訪れるのはあと一月半後になりそうです。