フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

水郷の里(水彩画スケッチ)

Photo

これは大東市旧御領村、水郷地帯の風景です。旧御領村はJR住道駅から

北西方向、徒歩30分のところにあります。

標高1m50cm、御領村には古くから用排水路(井路)が縦横に走り、農業

用田舟が活躍していたようです。

28日(日)、訪れてその風景をラフにスケッチしました。

327_2

「JR住道駅」

323

「菅原神社」

326

「菅原神社 本殿」

325

「菅原神社 御神体」

2009年6月27日 (土)

近鉄奈良線「永和駅」(生け花)

Ikebana

生け花、啓心流宗家「木田啓心斉」さんの作品です。

昨日朝、近鉄奈良線「永和駅」で降車、構内のショウルームで生け花を活けて

いる友人の木田勝通さんにお会いしました。

用意してきた花材が大きく、工夫をしてスペースに納められたようです。

生け花はよく分かりませんが、絵画に於ける構図のような黄金律があるよう

に思います。それは立体的に、ですね。

2009年6月22日 (月)

モグラは狡猾(大阪府河内長野市)

309

先日モグラ捕獲機をセットしました。モグラが掘ったトンネルを跨ぐようにセット、

その際、トンネルを一部踏みつぶしてその上にセットするよう、取り扱い説明書

にありました。モグラはそのつぶされた箇所を修復しようと掘り進む際に土を盛

り上げ、そのショックで留め金がはずれて矢が突き刺さる、という原理なのです。

その取説どおり、数カ所試みましたがこの1週間成果はありません。

そこで、モグラの習性を調べているところですが、モグラのトンネル道を空き缶

などで ふさいだ場合、モグラはそこを避けてバイパスを造る場合があるようで

す。そうだとすればこの捕獲機の有効性は疑わしくなります。

とにかく判明したのは、モグラは狡猾だということでしょうか。

以下は、現在植えている畑の主な様子です。ご覧になって、ご助言など賜れば

幸いに存じます。

310

トマトの実が大きくなってきました。カラスや小鳥たちの危害を防止するために

粗めのネットを被せました。

307

なすびに実が付きましたが、元気がありません。窒素肥料を施したいと思って

おります。

319

枝豆の芽が出そろいました。これぐらい大きくなると大丈夫ですが、芽が出始め

は鳩の格好の餌になるようなので細目の網を被せていました。

315 

320 

瓢箪です。小さいながら瓢箪の形をしています。

昨年、橋本市の親戚からできあがった瓢箪を頂戴しました。今年は苗から育てて

仕上げて見たいと思っております。

317

チンゲン菜、種からですが、そろそろ間引かねばならないと思っております。

318

ピーマン、苗から植えました。

314

きゅうり、苗からです。

311

南瓜、苗から植えました。

2009年6月15日 (月)

伊吹山のロープウェイは廃止されていました

300

6月13日(土)、「職場の高齢者登山隊」の有志5名で、滋賀県と岐阜県の県境

位置する標高1,377mの「伊吹山」へ出掛けてきました。

伊吹山は日本百名山の一つでもあり、高山植物には「伊吹山固有種」も多く、

また歴史的にも、古くは古事記や日本書紀に登場したり、日本武尊(やまとたけ

るのみこと)や松尾芭蕉のゆかりのある山でもあります。

さて、私達一行の計画では、登山口からロープウェイで5合目まで行って、そこか

頂上まで2時間程度の歩行でありました。

従って、一行はそのつもりの軽い気持ちで「JR近江長岡駅」で集合、タクシーで

登山口へ向かいました。

ところが、その予定していたロープウェイは運航廃止とのこと。やむなく登山口

から徒歩で山頂を目指すことになりました。

けだし、伊吹山ドライブウェイ(全長17km)が開通して、山頂の駐車場(標高

1,260m)まで一気に到達できるバスやマイカーの利用者が激増、ロープウェイ

運行会社は経営破綻に陥ったのでしょう。

当初計画では2時間の歩行予定が6時間を要する結果となりました。

281

登山途中、「一合目」からの「濃尾平野」の風景です。

280

284

1合目付近で見かけた「パラグライダー」、伊吹山には良好の上昇気流がある

ようで、気持ち良さそうに飛行している姿がありました。

飛行者はきっとこの付近で写真家達が長時間粘って狙う「イヌワシ」の気持ちを

味わっているのかも知れません。もう少し若ければ体験してみたいスポーツだと

思いました。

ところで、以下は頂上へ向かう途中で見かけた高山植物の数々です。

正しい名前が分かりません。

どなたかご存じの方、ご教示頂ければ大変嬉しく存じます。

282

①「登山道脇に咲く花々」

283 

②「木苺」

287

③「ハナニガナ」

288 

④「アヤメ」

289

⑤「ハクサンフウロ」

290

⑥「ミヤマコアザミ」

291

⑦「イブキガラシ」

292

⑧「ウマノアシガタ」

294

⑨「イブキシモツケ」

295

⑩「グンナイフウロ」

297

「伊吹山測候場」

296 

「高齢者登山隊有志」一行の面々

2009年6月 8日 (月)

モグラ対策(大阪府河内長野市)

61274_d_4

これはモグラ対策用捕獲機器です。本日発注しました。

お借りしている家庭菜園、隣の畝にモグラの被害がありました。ジャガイモの苗

根本にモグラがトンネルを掘削、苗が枯れてしまうという被害です。

そこで、有効なモグラ対策を調べた結果、モグラは振動を嫌うのでペットボトル

風車や電子振動機を設置する方法があるようですが、

Pbkgm1

それらはそれらから離れて、別のトンネルを掘削して被害を拡散させるだけで、

根本対策は捕獲以外にはあり得ないと思うに至り、この捕獲機を発注した次第

です。

残忍な気もしますが、やむを得ないことではないかと思っております。

このモグラ対策について、どなたか有効な方法をご存じでしたらご教示頂けれ

ば幸いに存じます。

277

お借りしている家庭菜園からの夕日です。 雑草取りに夢中になって午後7時、

間もなく日没ですが、大分日照時間が長くなったと感じたりしております。

2009年6月 3日 (水)

家庭菜園の水対策(大阪府河内長野市)

224

この写真は、5月15日付けの記事「私の家庭菜園元年」に掲載したものですが、

今日畑へ水遣りに行って気付いたのが次の写真です。

276_2

隣の家庭菜園に写真の水溜を見つけました。私の方式を参考にされたのだと

思いますが、桶に注ぐ波板は私のより2倍の長さがあります。

従って、2倍の水が確保できる計算になります。

これからまもなく梅雨の時期を迎えます。真夏の渇水期に備えて、私は追加の

桶を設置したいと思います。その節は、波板の長さを(今の倍の)180cmもの

にしようと考えているところです。

お借りしている畑は無償貸借、水対策は各人が工夫しなければなりません。

2009年6月 1日 (月)

蕗(ふき)の佃煮

273

自家製の「蕗の佃煮」です。

お借りしている畑の周辺には蕗が一面に育っています。その蕗を採取、佃煮に

しました。作り方は、次の通りです。

① あらかじめ蕗をゆでてあくを抜いておきます。

② 「さしみ醤油」 1 ・ 「日本酒」 1 ・ 「味醂」 0.5 ・ 「砂糖」 0.5

    「山椒の実」 一握り

①を②に入れて根気よく煮詰めればできあがります。

わが家では蕗が手軽に手にはいることから毎年今頃にはこの佃煮を作ります。

そして、親しい人に差し上げていますが、喜んで食べて下さっているようです。

274

275