フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

大阪水上バス(アクアライナー)

026

10月30日(金)、勤務先のボランティア的団体の「近畿地区大阪大会」が

「帝国ホテル大阪」で開催されました。

参加者は約500名、大会には「功労者表彰式」も含まれていました。

その被表彰者の功績に感謝の意味合いを込めて、「アクアライナー(大阪

水上バス)」を借り切り、乗船して頂き「水都大阪」の風景を楽しんで頂きま

した。私は主催者の一員として乗船、ご相伴させて頂きました。

019

021

航行中、食事をしながら講談師の案内を聞きながらの1時間15分は至福の

ひとときでありました。乗船頂いた功労者として顕彰される皆様方もきっと満足

して頂けたのではないかと思います。

024

式典の後の祝賀会では「深澤芳美とキャロナイナシャウト」のジャズバンドの

演奏を満喫、この演奏がBGMの効果を発揮して、音楽を聴きながらの歓談

も一段とはずみました。

これが能やクラシック演奏の場合はその間、静聴を強いられて歓談が中断、

せっかくの親睦の機会が損なわれるおそれがあります。

この大会は毎年この頃に(近畿2府4県持ち回りで)開催されていますが、

過去、ジャズバンド演奏をイベントに採り入れた大会はありませんでした。

今後の大会のイベントにも良い前例を残せたのではないか、と(主催者の一員

として)この企画を提唱された発案者に敬意を表さなければならないと思った

りしております。

2009年10月28日 (水)

畑作元年の記録(其の15)

009

遅れて植えていた「さつまいも」を収穫しました。土が硬いからか掘り出す際に、

芋のほとんどが折れてしまいました。ベテランの方にお話しすると、雨の降った

後に掘れば良い、ということでした。

017

「キャベツ」の葉っぱが巻始め、キャベツらしい形になってきました。

大きくなるのが楽しみです。

018 

「白菜」、無農薬のせいか無数の虫食いが著しいです。

来年は虫除けの覆いをするなど、工夫が必要だと痛感いたしました。

016

「ブロッコリー」に実が成りました。その直径は7cm位、10cm位になれば収穫

したいと思っております。

さて、私にとって今年は「畑作元年」、数々の反省点がありました。この失敗を

活かして来年以降に備えたい、と思っております。

2009年10月26日 (月)

水墨画のご紹介(其の4)

003

                     有野宏之作「夫婦鯉遊図」

一昨日に続いて、(全日本水墨画秀作展特選受賞作家)有野宏之さんの作品の

ご紹介です。

これは滝でのどかに遊ぶ夫婦鯉を描いた作品、とのことです。

006

                     有野宏之作「白濤(城ヶ島灯台)」

これは「白濤(城ヶ島灯台)」、台風で荒れ狂う城ヶ島灯台付近の海を描いた

作品、とのことです。

004

                           有野宏之作「桂林」

この作品名は「桂林」、水墨画では最もオーソドックスな題材になるようですね。

007

                     有野宏之作「世界平和」

これは「世界平和」を祈念する観音様を描いた作品、とのことです。

さて、有野宏之さんの水墨画作品をご紹介してまいりました。

私にとって水墨画は未知の世界ですが、私が有野さんの水墨画作品を拝見

して思うことは、従前の水墨画の流儀に飽きたらず、作品にメッセージ性を持

たせ、そして作品によっては彩色を施す等、倦まず撓まず(うまずたゆまず)

の精神が、(特選を受賞される等の)いい作品を生む原動力になってきたので

はないでしょうか。

門外漢の勝手な感想をお許し頂ければ幸いに存じます。

2009年10月25日 (日)

ICレコーダー(SANYO)

015

ICレコーダーを購入しました。SANYO社製「ICR-PSRM(S)」です。

内蔵メモリ4GB、「リニアPCM&MP3録音」の性能ですが、これから取り説と

首っ引きで使い方をマスターしなければなりません。

ところで、このICレコーダーは本日梅田の「ヨドバシカメラ」で購入しました。

本日の写生会の集合場所が「ヨドバシカメラ」東口だったので風景のスケッチは

そこそこに、かねて物色していたICレコーダーを購入した次第でした。

2009年10月24日 (土)

水墨画のご紹介(其の3)

005

                    有野宏之作「地球温暖化」

これは神奈川県三浦市三崎在住の有野宏之さん(私の実妹のご主人)の作品

で、題名は「地球温暖化」です。地球温暖化の影響で、2羽の丹頂鶴が暑さで

あえいでいる、という構図だと伺いました。

008

                   有野宏之作「精霊の樹」

これは鎌倉八幡宮境内の樹齢数百年の「大いちょう」を描かれた水墨画です。

左の像は祀られている源実朝を現しているとのことでした。

さて、このたび用務のため東京へ出張しましたが、その前日に出発、神奈川の

有野さん宅にお邪魔しました。それは「全日本水墨画秀作展」等で受賞された

作品を原画で拝見したいと願望してのことでもありました。

やはり作品は原画を拝見するにしくは無しですね。どんなに経費をかけた写真

集でも原画の真価を的確に表現(伝える)のは不可能であることを再確認した

次第でした。

010

東京行きの新幹線車窓から見えた富士山です。私は過去数回とも車窓から

富士山を眺めることができました。いつ見ても秀麗、日本のシンボルたるゆえん

ですね。

2009年10月 7日 (水)

飛騨民俗村(水彩画)

481

「飛騨民俗村」の風景をラフなスケッチ画にしました。

水彩画用紙にボールペンでのスケッチです。

スケッチの後、件の「グリザイユ画法」で、影の部分に(混色による)灰色を塗り

ました。

そして、その上に彩色したのが次の絵です。

482

先日掲載した「飛騨の里」の絵は和紙に水性サインペンを使用しました。

当然でしょうが、用紙とペンが異なると絵の雰囲気が変わるものですね。

今回の飛騨高山方面への「研修旅行」は本年3月末で定年を迎えられた I さん

の送別会でもありました。 I さんは勤続24年の長きにわたってこのボランティア

的職を全うされました。参加者全員、名残を惜しんだ次第です。

483_2