フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2010年1月 | メイン | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月25日 (木)

中之島界隈(大阪市 北区)

290

これはビル12階から眺めた「中之島公会堂」、「中之島図書館」そして「大阪

市役所」、手前を流れるのは堂島川です。

この界隈は大阪を代表する景観スポットになるのではないでしょうか。

今や背景には高層ビルが乱立していますが、100年前、この公会堂が建設さ

れたころは、見上げるような偉容を誇っていたことでしょう。この建物は国の重

要文化財に指定されています。

293

「日本銀行大阪支店」の夜景、大江橋南詰めからの眺めです。

292

「大阪市役所」の夜景。

291

「水晶橋」、淀屋橋からの眺めです。

昼間見慣れた風景ですが、夜景は違った風情をかもし出しております。

2010年2月24日 (水)

きんかんを収穫しました(大阪府河内長野市)

4

裏庭のきんかんの実を収穫しました。

3

10年前、裏庭の片隅に植えたきんかんの木に、数年前から沢山の実が成る

ようになりました。庭に下りるたびに2~3粒をほおばって、楽しんでおりました

が、今日完熟した実を選んで収穫しました。

ところで、小さい頃、「きんかん、皮食って、身ほかす!」、といったものですが、

ほかすのは種だけで、皮のみならず(中)身も食べてしまうのが良いですね。

皮ごとをがぶりと食べると、ジューシーな果汁が口の中に広がったと思った

瞬間、遠くでかすかな苦みがでてきます。でもそれらを追い出すかのような甘

みと酸味があいまって全体を包みます。この絶妙なコンビを味わうことが年に

一度の楽しみでもあります。

我が家では生で食べるほか、「甘露煮」にします。そして、保存瓶に蓄えて、

食膳に数粒添えると彩りも加わって、献立をちよっぴりグレードアップして

くれます。

2

裏庭の梅が満開となりました。ここのところ寒い日が続きましたが、昨日今日

4月中旬の陽気とか。一気に開花となりました。

2010年2月22日 (月)

バラを描く(水彩画)

265

先日に引き続いてバラを描きました。F8号の水彩画です。

画題に対してバックの色が強すぎたかも知れません。もう少しバックは抑えた

色調にすべきであったと反省しております。

さて、久しぶりに「菜根譚」のご紹介です。「後集」第80では「牛と呼ばれ、馬

呼ばれても」という表題でつぎのように説いています。

世間の味を知りつくしてしまえば、あるときは雨、あるときは曇の人情の変化

も気にならず、目を開いてこれを見るのさえおっくうになってしまう。

人の心理を理解しつくしてしまうと、牛といわれても馬といわれても、腹も立た

ず、だまってうなずくような気持になってしまう。

2010年2月20日 (土)

畑作元年の記録(其の26)

259

久しぶりに畑に出かけたところ、あちこちで雑草が生えておりました。

寒い日々が続いていますが、こよみどおりに季節は間違いなく推移している

ようです。

写真は玉ねぎの畝、一面に雑草がはびこっています。玉ねぎはこれからが

大事、草取りと追肥が肝要です。

260

草取りの後、国華園の「玉ねぎ用肥料」を畝間に施しました。

5月頃の収穫時期を楽しみにしております。

262

水菜、型は今ひとつですが、そろそろ収穫しないと葉っぱが堅くなってしまいま

す。これも畑作元年の反省材料、土作りと肥料の関係を工夫しなければなりま

せん。

263 

畑の梅が五分咲きになりました。

261

この写真の向こうで雉が低く飛び立ちました。つがいで居着いているようです。

河内長野は府下では堺に次いで広い面積を有しておりますが、堺市の人口

が86万人に対して河内長野市は(7分の1の)12万人、周辺部には里山の

風情が多く見られます。

土いじりをしながら余生を送るには申し分のない環境だと思っております。

2010年2月14日 (日)

荒山公園(大阪府堺市)

253

梅の名所、「荒山公園」へ行って来ました。スケッチが目的でしたが、途中で

水彩パレットをバッグに入れ忘れたことに気付き、スケッチは断念。写真を

数枚撮ってきました。

ここを訪れる人の8割はカメラ持参者、簡単なデジカメから数十万円はしそう

な高級カメラまで多種多様。そして望遠レンズ装着も結構見かけました。

確かに、梅林の風景は比較的、写真では容易に作品に出来そうですね。

しかし、それをスケッチとなると、作品に仕上げるのは至難だと思われます。

これがむしろ桜の景色だと、花を面として大きく輪郭を捉えればよいように

思いますが、梅花は相当遠景の描写でない限り、そのような表現法では

難しいようですから。

252

白い花にとまった虫、小さな蜂でしょうか。

255

250

254

Photo

                     「多治速比売神社」

荒山公園に隣接して「多治速比売(タジハヤヒメ)神社」があります。

この神社には駐車場がありましたが、原則有料(500円)になっておりました。

ただし、駐車した参詣者が20分以内で参詣を済ませて出ていく場合にはそれ

返金する、ということです。

まあ、これは神社としては熟慮した上での苦肉の策なのでしょうね。観梅に訪

れた神社参詣とは無縁の車が長時間駐車されては、いくら第二駐車場を追加

開設したといっても追いつかないでしょうから、ですね。

因みに、この原則有料は2月から4月1日までとのことです。  

2010年2月11日 (木)

バラを素描(水彩画スケッチ)

228

バラをスケッチペンでラフスケッチしました。

出来上がりを見て感じるのは、画面中央が寂しいですね。

花を加えるなどの工夫をすべきであったと反省しております。

229

大阪府和泉市の「国華園」に行って来ました。そして、その近くの「本家 さぬ

きや」で昼食をとりました。

これは「日替わり定食」です。ここのメニューはどれも量が多く、ダイエット中

の私には気になるところです。終戦直後の食糧難時代を経験している私とし

ては、食べ残すことはできなくて、いつも困ります。

2010年2月 8日 (月)

畑作元年の記録(其の25)

230

先週2月3日、自宅の裏庭で養生していたソラマメの苗を畑に植え付けました。

その後、寒波が襲来、強風にもさらされて、果たして無事だろうかと心配して

今日確かめに行ったところ、写真のように健在でありました。

というのは、この苗を頂戴したOさんの畑ではこの寒さに耐えきれず、何本

かの苗は枯れてしまった、とお聞きしていたからでした。

231

畑の近くに生えている笹を切り取って、苗を覆うようにそれを畝に差し込み

ました。笹竹を立てて畝上を覆うと、霜の影響を防止出来るのではないかと

考えたからです。

237 

更に、苗の周りには籾殻(もみがら)と稲藁を敷き詰めました。

一方、職場の仲間、Kさんから頂戴して(種から)育苗した苗も植え付けて

おります

どちらも無事に収穫出来るよう祈る気分です。

236

畑の近くで、「蕗の薹(ふきのとう)」を見つけて(30本ほど)採取しました。

家内が「蕗味噌」と天ぷらにするようです。

まだ吹く風は寒いですが、自然界は春の気配を感じさせています。

2010年2月 6日 (土)

PCのOSをXPにグレードアップ(Windows XP)

226

先日、「PCを工場出荷時に」、という記事を掲載しました。

それは10年前購入、インストールされていたOS「Windows Me」を「XP」

にアップグレードした結果、随分と重くなって、立ち上がりに25分を要すると

いう劣悪な状態になっておりました。

それを改善するため、「PCを工場出荷時に」して、当初のOS「Windows

 Me」に戻しました。

その結果、立ち上がりは2分程度になって、スピードアップが実現。格段の

性能アップとなりました。

ところで、今度は使用していたプリンター(エプソン PMー980C)を再接続

するため、インストール用ドライバーをネットで検索したところ、「Me」に適用

できるものが見当たりません。

無理もないですね。今や「Me」は3世代前のOSになってしまっています。

このプリンターを引き続き使うには、OSを「XP」にアップグレードするより

他に方法がありません。

このPCが重くなっていたのには、機器性能(ハードディスク:40GB 

メモリー:512MB)を無視して、余りにも多くの機能をもたせようと、数々

のソフトをインストールし続けた結果ではありました。そのあげくには

立ち上がりに25分を要するという結果をまねいてしまっておりました。

今回、再び「XP」にグレードアップした機器には最小限の、インターネット

接続などにとどめて、使用することにしました。

227

そして、無事にプリンターが使用できるようになりました。

「XP」にグレードアップしたにもかかわらず、「Me」のときとほとんど変わらず、

2~3分で立ち上がっております。

今回のこの私にとっての騒動から得た教訓は、インストールするソフトは

熟慮して、機器の性能を勘案して実行しなければならない、ということでした。

一旦、挿入したソフトを削除する場合、「関連づけ」の問題があって、必ずしも

スムーズに遂行できない場合があるので、将来を見越して機器の性能を

考えながらインストール作業をするのが肝要であるということでありました。

2010年2月 5日 (金)

中田武仁 国連ボランティア終身名誉大使 からのメッセージ

Photo

                   有野宏之 作 「世界平和」

「プリンの味は食べたら わかる(イギリスの諺)」

これは、中田武仁国連ボラティア終身名誉大使が某ボランティア教育啓発

冊子(小学生から大学生を対象)に寄せられた激励のメッセージの表題です。

その本文はつぎのとおりです。

大人になったら、色んなことが、思いのままに出来るようになる、と思って

いる人は、多いと思います。

けれども、実は、社会に出ると、人は、まず、自分自身の生活を第一にまも

るのに、多くの時間がとられたり、仕事上の立場などから種々の制約が

出来て、自分が本当にやるべきだ、と思っていることでも、案外、やれるのが

限られるものなのです。

若い人たちだからこそ、自分の意志で、何物にもとらわれない澄んだ目と

心で、自由に、『今、自分がやるべきだ』と信じて行った貴重な体験を通して

得たものが、社会人になった時に、大いに役立つのです。

手もつけずに、目の前にある『プリン』のことをあれこれ言う前に、ともかくも

まず、そのプリンを食べてみましょう。そして、自分自身の舌でおいしさを

味わってみましょう。

皆さんが、みずからすすんで取り組まれているボランティア活動こそが、

自分のためにも、また、これから共に生きている人たちにとっても、本当に

望ましい世の中を作るのです。ボランティア活動の楽しさは、実際にやって

みれば、わかるのです。 (完)

                                  中 田 武 仁

私はこの青少年に対するメッセージに感銘、私のブログに掲載させて頂く

ことのお許しを賜りました。

そこでこのメッセージの内容に相応しい画像として、神奈川県三崎の水墨画

作家、有野宏之さんの(以前、このブログでご紹介した)作品を選びました。

2010年2月 3日 (水)

畑作元年の記録(其の24)

223

今日、家の裏庭でポットで育てていたソラマメの苗を畑に植え付けました。

あいにく今週は寒波が襲来、寒い中での植え付けです。

無事に育ってくれれば良いのですが・・・。

225

ソラマメの植え付け後、昨日羽根を修復した鳥除け風車を取り付けました。

ここのところ北風の強風が吹き続けています。過酷な条件の下、ソラマメも

風車も無事に経過するよう念じております。