フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

元特捜検事・田中森一弁護士の自叙伝「反転」

12621

古書店で、元特捜検事・田中森一弁護士の著書「反転」を購入しました。

出版社は「幻冬舎」。この出版社は作者をベストセラー作家として輩出させる

ことで有名です。

背表紙の「極貧とバブルを赤裸々に生きた男の自叙伝」という文言にも目を

引きました。

まだ読み始めたところですが、著者は極貧の出自ながら定時制高校から国立

岡山大学に進学、そして在学中に司法試験に一発合格した経歴の持ち主。

司法試験といえば、石川達三の「青春の蹉跌」という小説を連想します。

主人公が「司法浪人」を続けたあげくに犯罪者に成り下がっていくという悲惨

筋書きだったと思います。

その難関極まりない試験に一発合格した著者の波瀾万丈の自叙伝。興味を

持って読み進めたいと思っております。

1257

我が家の水仙が咲きました。畑のよりも2週間遅れです。

1259

「ワビスケ」も咲き始めました。

1256

キンカン、ヒヨドリから護るためネットを被せました。

2011年2月25日 (金)

とんかつ「KYK」(大阪市・阿倍野)

1249 

2月23日、阿倍野地下街にある「とんかつ・KYK」で昼食をとりました。

1248

ちょうど正午過ぎの昼食どき、満席状態でした。

1247

注文した昼の定食「一口かつ」960円です。

1250

「JR天王寺駅」、外装が新しくなってすっきりとしましたが、内部の改札口付近

は改装中です。

この南側の近鉄百貨店は目下増築中で、2~3年後のこの界隈は随分と様

変わりすることでしょう。

1251

天王寺美術館、「日展」が開催中です。

1252

1253

この日午後、勤務しているボランティア的職の研修制度拡充について熱心に

討議。その後、懇親会を近鉄奈良線小阪駅近くの居酒屋「虎武士(こぶし)」

で開催、大いに相互の親睦を深めた次第でした。

2011年2月22日 (火)

ミキフルーツカフェ(大阪市西区北堀江)

1240

大阪市西区北堀江の「ミキフルーツカフェ」へ行って来ました。

このお店は元来厳選された良質フルーツを販売している「三木果物店」です。

そして北堀江店ではカフェを併設、それがこの「ミキフルーツカフェ」。

1237

ここには『最高級フィリッピンバナナ』、1本1,000円。

『超特選 静岡マスクメロン』、1玉15,000円があったりします。

圧巻は『最高級マンゴー 太陽のたまご大玉』1玉13,800円でしょうか。

1238

1236

1239

写真は『完熟いちごミックスジュース』と『フルーツサンドウィッチ』。

このお店はTVでも紹介された、若い女性達に人気のお店のひとつだとか。

北堀江の落ち着いたたたずまいの雰囲気にマッチした素敵なお店でした。

このお店へ案内して下さったのは今の仕事仲間のTさんです。

Tさんの趣味は徒歩での散策、おそらく大阪中で知らないところはほとんど

ないように思います。そんなTさんが見つけた都会のオアシスでありました。

1245_2

久し振りに畑へ出かけて、ジャガイモ『メイクイーン』を植え付けてきました。

ところで、ジャガイモは連作不可のナス科で、4年は空けなければならないよう

です。ナス科といえばナスは勿論ですが、トマトも該当するとのこと。

従って、家庭菜園のベテラン氏は決してジャガイモは植えないといいます。

それは限られた面積で多くの作物を少しずつ収穫して楽しむ家庭菜園には

連作禁止を考えなければならない作物は不向きだからでしょうね。

それとジャガイモはスーパーで手軽に手に入るのもその理由かも知れません。

1246

みずなとキャベツを1株ずつ収穫しました。写真で気付いたのですが、

キャベツの皮はもう一枚剥いだ方が良さそうです。

2011年2月20日 (日)

フォレストガーデン(水彩画スケッチ・其の2)

1235

2月20日、先週に引き続き大阪府堺市南区にある「フォレストガーデン」へ

スケッチに行って来ました。ペンはSAILOR製鉾立万年筆「ふでDEまんねん」

に同社製「極黒(きわぐろ)」インクを使用。用紙は「モンバルキャンソン」です。

ところで、この用紙は余り水分を吸い込まないのが特長で、その特性を好んで

描かれる作家も多いと聞いていますが、このスケッチのようにインクで描いた

場合、インクが紙に定着しないので、その上に水彩絵の具で彩色した色が

黒く濁ってしまうことに気が付きました。この用紙には彩色の際に濁らない

鉛筆で下書した方が相性が良いようです。

1230

                          「入り口の看板」

1229

                         「案内標識」

園内には「市民菜園」と「水仙の谷」がありますが、市民菜園は市民へ貸し付

けているようです。

1232

お目当ての水仙。先週よりは花が増えていましたが、満開になるのは来週以降

ではないかと思います。

1234

堺市は人口80万の「政令指定都市」ですが、この周辺には里山の風情が漂う

のんびりとした風景があります。

1233

「水仙の丘」を下ったところに小さな池があり、二人の方が釣りをしていました。

装備から推察するとへらブナがいるような雰囲気です。私も10数年前、和泉市

の野池でへらブナ釣りを楽しんでいたことを懐かしく思い出します。

2011年2月17日 (木)

慶沢園の庭園(水彩画スケッチ)

12211

先日に続き「慶沢園(けいたくえん)」のラフスケッチです。

ペンは同じく「鉾立方式」の万年筆。この万年筆は毛筆調の文字を書くために

開発されたようですが、描画(スケッチ)にも有効だと思っております。

この絵は光と影を極端に表したつもりです。

1224

一昨日の大雪の後、今夕畑の様子を見に行って来ました。

キャベツはかなり結球しておりました。今後の生育が期待できそうです。

網は防鳥のために取り付けました。目が粗すぎますが結構効果はあるようです。

1226

白菜は十分結球。収穫時を迎えたようで、随時一玉ずつ味わっていきたいと

思っております。

1227

畑の脇に植えられた梅の木に花びらがほころび始めました。

我が家の裏庭のはまだ蕾、やはりここは日照に恵まれているからでしょう。

2011年2月15日 (火)

「フォレストガーゼン」(水彩画スケッチ)

1220

「フォレストガーゼン」(大阪府堺市南区釜室)へスケッチに行って来ました。

このスケッチはガーゼン北端にある『水仙の丘』。万年筆でのラフスケッチです。

1212

お目当ては水仙の花でしたが、降雪があったりでまだ1週間ほど早すぎたよう

でした。

1215

2月14日、又しても降雪がありました。写真は河内長野市緑が丘北町の様子

です。

2011年2月12日 (土)

「慶沢園」(水彩画スケッチ)

1208

大阪市天王寺区茶臼山にある「慶沢園」は住友家茶臼山本邸庭園として、

明治41年に造園開始された林泉回遊式の近代日本庭園で、天王寺美術館に

隣接しています。

その「慶沢園」の正門をラフスケッチしました。

1207

2月11日、河内長野市緑ヶ丘北町の雪景色です。気象情報によると、大阪地

には3年前にも降雪があったということですが、今回の方が多く降ったように

思います。

1205

畑の脇に出てきた「ふきのとう」を収穫。まだ出始めで、天ぷらにするつもりです

が、沢山採れるようになれば我が家では「蕗味噌」にしたりいたします。

2011年2月 9日 (水)

「がんこ 淀屋橋店」(大阪市北区)

1203

「がんこ 淀屋橋店」入り口でのスナップ写真、YさんとTさんです。

2月8日(火)、勤務しているボランティア的職の研修講座受講後、有志8名で

歓談しました。

1204

話題は難しい内容を分かりやすく説明、解説下さった美人講師についでありま

したが、主題はやはり平素対処している難問の処理方法についての意見交換、

実りのある時間でありました。

ところでこの写真、お店の方にシャッターをお願いしましたが、手ぶれでピント

がぼけています。予備に数枚撮っておくべきでであったと反省した次第です。

1201

畑の水仙の花が咲きました。日照の違いでしょうか、我が家のはまだ蕾です。

1198

1週間前に漬けた「日野菜蕪」が漬け上がりました。ご飯のお供として、楽しんで

おります。

1200

和歌山県橋本の親戚から頂戴していた「キウイ」を家内がジャムにしました。

朝食のパンに良く合いそうです。

2011年2月 5日 (土)

富田林 寺内町(水彩画ラフスケッチ)

1194

大阪府富田林市「寺内町」の東はずれの風景です。

ステッドラー鉛筆の8Bと7Bで素描、淡彩で仕上げました。ここのところラフス

ケッチが続いています。

画面右は以前、老朽化した(画材としては魅力的な)建物でした。

その建物をこの坂の下から見上げる構図で何枚か描いたものです。

今は市の案内を兼ねた休憩場になっています。

1195

裏庭のキンカンの木、鈴なりに実が色づいています。

毎年「甘露煮」にして、食後のデザートに供して楽しんでおります。

2011年2月 4日 (金)

蕗の薹が(大阪府河内長野市小山田)

1189

久し振りに畑へ出かけたところ、近くの柿の木の下に「蕗の薹」が出ているのに

気が付きました。もう春が間近である証左でしょうか。

1190

注意深く見渡すと、蕗の薹がちらほらと見受けられます。

1192

畑では目下、キャベツや白菜の結球待ちですが、この白菜は中心の柔らかい

部分が食べられた痕跡。その主は雉、野鳩又はカラスでしょうか。

こうなる前に防鳥ネットを被せるべきであったと反省。

1193

遅まきながら防鳥のために、ネットを張りました。ネットはきゅうり栽培時のもの。

目が粗いのが難点ですが、鳥は警戒心が旺盛で、網の中に入って荒らす勇気

はないもと信じてのことです。

1191

白菜と水菜の収穫。一株ずつ掘り出して、賞味するのがこの時期の楽しみ。

数日前には霜も降りて、甘みが増したのではないかと期待しております。