フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2011年12月 | メイン | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

居酒屋「岩山海」(東大阪市小阪)

25141_2

1月28日(土)、近鉄奈良線「小阪駅」北徒歩4分の居酒屋「岩山海・小阪店」で

新年会がありました。これは毎月1回第4土曜日のパソコン勉強会「Webクラブ」

の本年最初の例会後に開催されました。

25131

25121

焼きガニ。

25101

焼きほたて貝。

25091

25111

参加者は19名、撮った他の写真はピントが甘く掲載を断念。最新のデジカメ

を入手する必要がありそうです。

ところで、私の例会出席は年間1~2回、せっかくの勉強会を無為に。今年は

心を改めて出席増に努めたいと思った次第です。

さて、今回も最後の締めは僭越ながら私の大阪締めで締めさせて頂きました。

有り難いことだと思っております。

実は一昨日、旧鑞まで勤務していたボランティア的職場の幹部の方々が開催

してくださった新年会が近鉄奈良線「永和駅」前の割烹「阿津満」であました。

そして、そこでも最後の締めは私の「大阪締め」でした。(自称)「大阪締め振興

事務局長」の私にとっては大変光栄なことだと深謝申しております。

2012年1月28日 (土)

「 調美会の新年会」(リーガロイヤル スカイガーデン)

2498

1月27日(金)、ボランティア的職の現職とOBの仲間で、毎年9月に「マサゴ

廊」で作品発表、展示している「 調美会」の新年会がいつもの淀屋橋にある

「リーガロイヤルスカイガーデン」で開催されました。写真は初代会長Uさんの

挨拶。

2499

次回発表会の作品作成について話がはずみます。

2502 

今年の作品発表会は平成24年10月1日(月)~6日(土)、恒例の「マサゴ

廊」(北区西天満 大阪高等裁判所近く)で開催することを決定。

そして最後の締めは、僭越ながら私の「大阪締め」でお開きとなりました。

24941

住友ビル12階から眺めた工事中の「フェスティバルホール」。

24951

中央は大阪市役所、堂島川に架かる橋は「淀屋橋」、左端の建物は「日本銀行

大阪支店」そして市役所の右隣は「中之島図書館」です。

24971

大阪市役所。今八面六臂(はちめんろっぴ)で大活躍の橋下 徹市長の牙城。

2012年1月23日 (月)

ロシアからアクセス !?

24861

1月23日(月)の正午頃、いつも通り当ブログのアクセス状況をチェック。

その中に、ロシア語のブログからのアクセスがあった足跡を見つけました。

勿論ロシア語はまったく解らないので、翻訳ソフトを介して得たのが次の写真。

これはロシア人の女性、ナタリアさんの「Joy of Life(生命のよろこび)」と名付け

たブログのようです

24871

これは翻訳ソフトを介したページ。

推察するに、ロシア人のナタリアさんがロシア語への翻訳ソフトを使って、「日本

の高齢者の生き甲斐」について検索。そしてこのブログにたどり着いたのでは。

インターネットは瞬時に地球中を駆けめぐることは承知していましたが、日本語

で書いた記事がまさか外国で、しかもロシア人に読まれているとは晴天の霹靂

そのものではありました。

2488

2年半前(2009年)の6月15日の記事「伊吹山のロープウェイは廃止されて

いました」の表題の記事。

2489

そのページの最後に「高齢者登山隊有志一行の面々」の写真を掲載。

これをナタリアさんが取り上げてくれたようです。

翻訳ソフトを使ってナタリアさんのブログを読むと、日本人の長寿をテーマに

高齢者の生涯学習などを意義深いものとして興味を示しているように思います。

因みに、ナタリアさんの「Joy of Life」のURLは次のとおりです。

http://nobody-s-fool.livejournal.com/151990.html

ところで、これも何かの縁だと思って、ナタリアさんへコメントを投稿、反応があれ

ば披露したいと思っております。

2012年1月20日 (金)

金柑の甘露煮(レシピ)

2472

先日我が家の庭で収穫した金柑を甘露煮にしました。

金柑に包丁で切り目を入れて、種子を竹串で取り除きます。

2474

処理済みの金柑。

市販の金柑は水にさらした方が良さそうですが、我が家のは熟してから収穫

したのでその必要はないように思い、そのまま処理しました。

2475

鍋に金柑、水を金柑と同量入れて、砂糖は金柑の重量の半分くらい入れました。

2時間ほど煮立てて水気が飛んだら火を止めて、出来上がりです。

2477

2480

後は、ビンに詰めて保存します。

2478

金柑の甘露煮は食事のデザートに2~3粒ずつ添えても良く、喉の調子を整える

のにも効果があるようで、カラオケの点数アップが楽しみです。

2012年1月15日 (日)

新年会(ホテルアウィーナ大阪)

2466

1月13日、私が昨年末まで勤務していたボランティア的職場の新年会が開催

されました。会場は大阪上本町の「ホテルアウィーナ大阪。恒例の会場です。

昨年に任期満了となった私達3名は本来参加資格はないのですが、皆様の

ご好意により特別に参加をさせて頂き誠に有り難いことだと深謝申し上げてい

次第です。

2464

恒例となった各自の「近況報告」。

やはり健康に関する話が多いのは参加者の平均年齢が63歳位となっている

からでしょうか。

2465

参加者総勢33名、昨年よりも多いように思います。

2467

恒例の締めは「大阪締め」、音頭を取るのはMさん。件のカラオケで96点を出

した御仁です。

因みに、この会で大阪締め音頭取り初代はOB名誉会員のIさん、二代目は私

そして三代目がこのMさんです。大阪締めは案外知られていませんが、東京

に対向する意味合いからも大阪締めを浸透させたいと念じ、私は30年前から

機会を見つけて普及に努めております。

2468

二次会はカラオケ。熱唱と歓談で2時間。

2470

2469

二次会は午後9時10分から2時間、終了は11時15分、急いで大阪難波駅へ。

最終の区間急行に間に合って、帰宅は午前1時半。この仲間との歓談は何物

にも替え難く、ついつい時間を忘れてしまいます。

2012年1月12日 (木)

きんかんの収穫

2459

我が家の裏庭に実ったきんかんを収穫。ジャムなどに調理しますが、数回に分

けて採り入れます。

2461

2460

木の上部には網を被せています。そろそろヒヨドリが襲来する頃で、このように

網は一部分ですが、用心して近づかなく効果が認められています。

2463

いびつな形をした大根が全体の2割くらいに見られます。

味に変わりはないが、畑の土が固いからかも知れません。来期には工夫が必要

だと思っております。

上は「小松菜」、下は「ターサイ」です。

2012年1月 8日 (日)

寺が池公園(水彩画スケッチ)

2458

河内長野市立寺が池公園へスケッチに行って来ました。

画面中央は取水塔、この池の底地は粘土質、エメラルド色に澄んだ綺麗な水が

満ちていて、鯉・鮒・ブラックバスなど棲んでいる魚種も豊か。昔は清流にしかい

ないハスがこの池で釣れました。ところが20年前、残念なことにこの池は「釣り

禁止」となりました。それは事故が発生の際の市の管理責任を回避するための

措置だと推察します。釣り愛好家としては誠に残念なことではあります。

それはともかくとして、8Bのステッドラー鉛筆でラフスケッチ、透明水彩絵の具

淡彩に彩色しました。

2453

寺が池公園管理棟。昨年末にはこの公園は夜間イルミネーションで飾られて

いました。市民憩いの恰好の場を提供、今日は日曜日でもあって老若男女沢山

の市民がくつろいでいました。

2456

数カ所にある東屋では弁当持参で歓談に花を咲かせている高齢者や若い夫婦

が子供連れで楽しんでいます。

2452

2454

「花いっぱい推進運動」・河内長野ロータリークラブ

2455

2457

彼方の山は「葛城山」だと思います。

2012年1月 7日 (土)

玄米を炊飯器で炊いてみました!

2446

一昨日は玄米を「びっくり炊き」で炊飯しましたが、今日は炊飯器を使って炊いて

みました。手持ちの「圧力IH炊飯器」には炊飯する米を選択する種類の中に

『玄米』があったのでそれを選択。

玄米3合を軽く2回洗って(玄米は白米のように白く濁らない)、4時間水に漬けて

おき、玄米の1.5倍の水を入れて炊飯開始。白米の炊飯時間は35分程度な

のに対し、玄米は80分。2倍の時間を要するようです。

2447

80分間炊飯の後20分蒸らしたところ、きれいに炊きあがりました。

2448

3合炊いて、1食は0.5合見当なので6食分になります。玄米食を始めたのは

1人、残りの5食分は1食ずつラップして冷凍にするつもりです。

さて、味の方は柔らかくて良くかめば甘みもあって食べやすく、ずっと続けられる

ように思います。

一昨日の「びっくり炊き」は炊く前の水漬けなしで炊けて、簡便なのですが、すこ

しごわごわ感があって、良くかまないと消化不良になるように思います。

もう一つ「圧力鍋」で炊く方法がありますが、面倒なので当面この炊飯器方式

で行きたいと思っております。

2445

今年初めての収穫。いびつな形の大根が2本ありました。その他蕪、白菜、

わけぎ、水菜。キャベツはもう少し結球が大きくなってから収穫するつもりです。

2012年1月 4日 (水)

玄米食の開始!

2444

今年から玄米食を始めることにしました。写真は1合の玄米を炊きあげた結果

茶碗に2杯分ができました。

玄米は我が家にはたっぷりあります。それは友人の農家から30Kg詰め玄米を

年間5袋購入、近くあるコイン精米機で白米にして食しているいるからです。

さて、玄米食は豊富なビタミン類を含む健康食で、身体の病原菌に対し免疫力

を増大、仮に罹患しても治癒力を発揮する体質を形成できるとのこと。

2441

私が玄米食を始めようと決心したのには原因があります。

それは手元に玄米があるということと、もう一つは玄米が簡単に炊飯できること

をネットで知ったからです。

写真は玄米を軽く洗って、玄米の1.5倍の水を入れたところ。

2442

ガスコンロで炊飯、15分~20分後水分がなくなって焦げ付く寸前に1.2倍の

水を注入。かき混ぜて再び炊飯。

2443

水分が無くなって炊きあがった状態。この後フタをして10分位熟まします。

そして、良くかき混ぜます。

この玄米炊飯法は「玄米のびっくり炊き」というタイトルで紹介されています。

玄米炊飯はIH炊飯器でも炊けるようですが、長時間玄米を水に漬けておく必要

があるので面倒です。そして又圧力鍋で炊く方法もありますが、これも圧力釜

は入念に取り扱わないと危険が伴ってやっかいです。

24361

これは元旦に頂戴した南 晃先生の辰をシルクスクリーンで描かれた作品です。

元旦にご紹介したシルクスクリーンの賀状とは別に(封書にて)同封されていまし

た。

葉書サイズを縦に2枚、その裏面に文章をお書きになっています。       

2012年1月 1日 (日)

シルクスクリーンの年賀状

24351_2

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、今年も中学校美術の恩師、南 晃先生からシルクスクリーンで作成された

年賀状を頂戴いたしました。図柄は辰、私の6回目の当たり年で、感銘深く拝受

いたした次第です。

因みに、「シルクスクリーン」についての説明は次のとおりになります。

シルクスクリーンを作るもっとも簡単なやり方は、図柄を切り抜いた紙や

フィルに、目の粗い薄絹のスクリーンを貼りあわせる、というものです。

これによってインクの通る部分と通らない部分が区分されるので、あとは

それを版として紙うえに乗せ、適量のインクをヘラで伸ばしてゆくという

手法になります。

2440

NHK 新春生放送!「年の初めはさだまさし」を視聴しました。元旦0時25分

から2時半までの生放送。約40年前から続いている企画番組で、私は

この番組を見ながら新年が明けた実感を徐々に強くするのを習い性に

しております。

2438

今年の会場は大阪市立中央体育館、参加者は8,800人だとか。

終了は午前3時、皆さん帰宅は車でしょうか、果たしてその駐車スペース

確保は、などと心配したりいたします。

2439

全国から寄せられた便りを軽妙な笑いをとりながらのおしゃべり。

そして「案山子」や「風に向かうライオン」を独唱。

2437

番組後半に駆けつけた佐渡 裕(指揮者)との競演は見応えがありました。

私は勤務していたボランティア的職を昨年末で退任しました。

これからは趣味の家庭菜園、風景スケッチそして魚釣りなどで過ごしたいと

思っているところです。

今後共のブログでのご交誼をよろしくお願い申し上げます。