フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 近江八幡(水彩画スケッチ) | メイン | 「調声会」カラオケ大会に参加(ホテル「アウイーナ」) »

2012年2月21日 (火)

前立腺がんが確定  !?

25761

「希望のがん治療」斉藤道雄著、集英社新書刊。この本はブログでご厚誼の

「OSAMU」さんの記事で紹介されていて知りました。私は先日この本を取り寄

せて読み始めています。それは昨鑞自治体が実施している「特定検診」を受診

の際に「PSA(前立腺がん)検査」を軽い気持でオプション、追加して受診したと

ころ、受診した医院から突然連絡があって登院、医師から「PSA検査の結果、

数値が59.58と異常に高い。紹介状書くので精密検査をうけるように」ということ

でした。そして精密検査の結果は次のとおりでした。

●触診:医師が肛門から指を挿入して前立腺の触診検査。

    その結果は「異常なし」でしたが、「検査数値が異常なので定期的にPSA

    検査が必要」とのことでした。その段階では「何らかの間違いで高い数値

    が出たのでは?」という一縷の希望がありました。

●MRI検査:がんの影が写っていました。

●生体検査:半身麻酔で前立腺に細い検体針を16本発射。

   その結果、6本にがん細胞を確認。

●骨シンチ検査:(がんが骨に転移していないかの検査)

   その結果、幸い骨には転移していない、と判明。

●PET CT検査:(リンパ節に転移していないかの検査)

   その結果、リンパには転移していない、と判明。

以上の5検査の結果主治医の所見は、前立腺にがんは存在しているが、
現時

では「骨やリンパへの転移はない。従って、がんは前立腺内に止まっている

が、PSA数値が高いので前立腺の外側に浸潤しているかも知れない」とのこと。

以上に基づき今後の治療方針は、「ホルモン注射3ヶ月の後に放射線治療を施

術」という方針を主治医が提示、同意しました。

以上のとおり、私の前立腺がんは疑いではなく、前立腺がん患者であることが

確定しました。今後は、治癒に向けて治療に専念する所存です。

なお、摘出手術はしないので長期の入院は回避できるようです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347741/27958607

前立腺がんが確定  !?を参照しているブログ:

コメント

検診の結果のご報告から症状がよく把握できました。早期にキチンとお分かりになられて良かったですね。私もOSAMUさんのご紹介でその本をすぐに読みました。そして、がん治療をしている大阪の姉に送りました。

森 すえ様

一途に治療に邁進したいと思っております。

この本は優れた内容ですね。
ネットでの交誼に改めて深謝しております。

私も市町村の「特定検診」を受診しておりますが、オプション無し受診ですので、疑いは残っておるわけと真剣に読ませていただきました。
自覚症状の無い病気というのは厄介ですね。
ただ、なおるという「心」を強く持つのは一番大事なことではないかと思っております。

PSA検査、この時が初めてだったのですか。数字をみて驚かれたことと想像します。すでに徹底的な検査をされて、対策・方針も決まったようですから、あとは上手にお付き合いするしかありませんね。幸い非常にゆっくりしか進行しない部分なので、寿命より先に延ばすことも難しいことではありません。影のある場所は中心部に近いところでしょうか。その場所により転移の確率が変わります。きっとお医者さんの、あせらない表情を見て拍子抜けされたのではないですか。方針に従い、真面目な対応を取られることをお薦めいたします。

osamu 様

貴ブログ記事のお陰でこの本を知りました。がんにおかされている友人達にも紹介しています。
この本のコンセプトを信じて治療に専念したいと思っております。

そよ風様

PSA検査は初めてでした。その後再検査をして数値を再検証すべきだと思ったりしましたが・・・、生体検査でがんが確認されたので今となれば無意味なことでした。
影は片方に片寄ってありました。医師は提案の治療方針に従えば好効果が期待できる、という風に感じました。治療に専念したいと思います。

先のブログで検査された旨拝見し、心配しておりました。「テントウ虫」の宮野氏も河村氏もそのようですが、普通に日々過ごされているようです、宮野氏は2度さくじょされ、河村氏は自然に消えたようです。私も昨年の検診で大腸がんとともに受けましたが、今年も受けておきたく思います、初期の判明で処置されますので大事はないと思いますが、充分にご自愛ください。

nge様

何気なく受診して、がんだと確定したときには正直戸惑いました。
今は比較的大事になる前に発見できて良かったと思っております。
主治医に従い、治療に専念したいと存じます。
ご心配を頂き有難うございます。

以前のブログで「特定検診」のオプションで受診された記事を読んで心配していました。
私のところも毎年夫婦で「特定検診」を受けています。
大腸がんと胃がんの検査はオプションで受診しています。
(PSA検査は主人もまだですが)
前立腺がんは早期発見により、適切な治療を受ければ 罹患しない場合と同じくらいの長さの人生を送ることが可能とありました。
至誠さんも賢明な治療をされますので 心配はないと思います。どうぞくれぐれもご自愛いなさいますように! 

生駒の風様

前立腺がんは高齢者になると高い割合で発見されるようです。
幸いにも治療の目途がつきそうなので主治医の方針にお任せしたいと思っております。
ご心配をありがとうございます。

コメントを投稿