フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2012年2月 | メイン | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

啓心流(いけばな・其の16)

2747

3月29日、久し振りに近鉄奈良線「永和駅」に陳列されている

「啓心流いけばな宗家」 木田勝心斎さんの作品を鑑賞いたしました。

花材は「骨木瓜(こつぼけ)・白玉椿」です。

2012年3月30日 (金)

「茶屋町画廊」(大阪市北区茶屋町)

2752

3月29日(木)、大阪市北区茶屋町の「茶屋町画廊」で開催中の展示会

「照子&十三子の絵画の世界へ」を見てきました。

この画廊建物は昨年5月に新設されましたが、旧画廊は同じ道筋の南150m

にありました。

2787

2788

新設なったこの画廊は天井高320cm、照明も万全で大変見やすく感じました。

2751

玄関脇には菜の花の植木鉢が置かれていますが、これは「菜の花の散歩道」

という地域活動(まちづくり)の一環であるようです。

因みに、「照子&十三子の絵画の世界へ」の出展作品は 「 調美会」ブログ

http://cyoubikai.blog91.fc2.com/

に掲載しています。ご覧頂ければ幸甚に存じます。

2012年3月28日 (水)

ブログ開設6周年を迎えました

2744

                     「国華園」春の花

当ブログ「朝露日記」(平成18年2月26日開始)は、本日で6年と1ヶ月が

経過いたしました。長年のご交誼に改めてお礼を申し上げます。

その間のアクセス数は12万8671件、お寄せ頂いたコメント数は7580通。

今更ながら、ブログの効果について再認識することもありました。

遠くはロシアからのアクセス、ロシアのブログにロシア語で記事内容を紹介

されたことでしょうか。

それは当ブログに掲載した「我々高齢者登山隊の伊吹山山頂での記念撮影」

に対して高齢者活動を賛美する意味合いの記事であったかと思います。

これに対して翻訳ソフトを駆使、「コメント」の投稿を試みましたが、ブログに

予め設定されている投稿要件が分からず断念したこともありました。

又、イギリスにお住まいの日本の方との相互リンクは今も続いています

そして近くは、掲載した「隣町のだんじり」の写真にご自分が写っている

というコメントを頂戴したことがありました。・・・等々。

これからも、7周年に向けて続けてまいりたいと思っておりますので、

どうかよろしくお願い申し上げます。

2012年3月22日 (木)

畑作4年目の記録(其の2)

久し振りに畑へ。先週、ジャガイモを植え付けて以来です。

今の時期は春の植え付けに備えての「土作り」が主な作業でしょうか。

2721

「チンゲンサイ」を収穫せずに放置していたら、軸が延びて花が咲きそうに。

2722

その軸を中程で折って収穫。

菜の花風にお浸しにしたら、美味しかったです。

この方式にすれば、当分楽しめそう。

2725

「ブロッコリー」が大きくなってきました。

一番大きい実を試しに収穫。

2726

「ケール」、葉を4枚収穫。

ジューサーでジュースにすれば「青汁」になるのでしょうか。

今回は手間を省いて、炒めて食しましたが、ジュースにも挑戦したいと思って

おります。

2724

「わけぎ」、枯れるまで放置して、次期の種用球にするつもり。

葉っぱはみずみずしいので、収穫すればネギの代用になるのかも。

2727

「蕗の薹」、今年も天ぷらにして楽しませて呉れましたが、葉っぱが開いて

大きく育ってきました。きっと、5月には「蕗の佃煮」になることでしょう。

2728

今日午後、天王寺美術館で開催の「関西水彩画展」を鑑賞。

途中、車中から眺めた菜の花畑。

春は確実に近づいているようです。

2012年3月21日 (水)

「楽季陶房展」を拝見(大阪道頓堀「ギャラリー香」)

2629

3月16日、大阪道頓堀「ギャラリー香」で3月20日まで開催された

「第7回 楽季陶房展」を拝見しました。そして、そのことは先日掲載しましたが

ここに出展者中、ボランティア的職場の仲間である 上村十三子さんの作品を

ご紹介させて頂きたいと思います。

2683

                          「残照」 上村十三子 作

2684

                      「待つ」 上村十三子 作

2685

                  「薔薇の器」 上村十三子 作

2686

                       「宙へ」 上村十三子 作

2687

                     「スイング」 上村十三子 作

2688

                      「お散歩道」 上村十三子 作

2689

                     「reborm」 上村十三子 作

2012年3月18日 (日)

「ギャラリー香」(大阪市中央区道頓堀)

2682

3月16日、道頓堀の「ギャラリー香」で開催中の「第7回 楽季陶房展」を拝見

してきました。お目当てはボランティア的職場の仲間であったT・Kさんの作品

鑑賞です。

2691

2690

「ギャラリー香」は道頓堀「松竹座」の向かいにあって、何回か絵画の展示会

拝見で訪れたことがありますが、このような陶器作品を陳列するのには絵画

の場合とは違ったご苦労があったように拝察いたしました。

2719

文旦のジャム。

家内の労作です。材料は文旦の皮2個分と砂糖(皮の重さの2分の1g)。

他に蜂蜜やレモンを入れる場合があるようです。

文旦の皮の白い部分をスプーンで破がしてこれも入れますが、結構手間が

掛かるようです。

紅茶やヨーグルトに良く合いそう。

2012年3月17日 (土)

沖縄料理店「いちゃりば」(大正駅前)

2709

3月16日、大阪環状線「大正駅」駅前の沖縄料理専門店「いちゃりば」へ。

数ある沖縄料理店の中からこのお店へ。

2694

「大正駅」駅前には沖縄料理店が連なって、お互いの味を競い合っているよう

です。

2697

先ずは沖縄ビールで乾杯!!

2698

左上から「ミミガー和え」・「海ぶどう」・「じーまーみー豆腐」。

2699

「もずく天ぷら」。

2702

「らふてぃ」(豚の角煮)。

2703

「島らっきょの天ぷら」。

2704

「沖縄そば」。

2705

お店では沖縄産土産の数々を陳列、販売されていました。

2706

沖縄産の酒類が種々。

2707

2708

2710

5時から7時半まで会食。その後定番のカラオケへ。

カラオケを終えたのが10時。鉄道から乗り替える最終バスに久し振りに間に

合って、帰宅は11時半でした。

2012年3月14日 (水)

前立腺がん闘病記(其の1)

26781

26771

お借りている畑にある梅が咲きました。例年よりは1~2週間遅れての開花でしょうか。

さて、昨年12月12日、自治体の「特定検診」を受診の際に「PSA(前立腺がん)検査」を

オプション、追加しました。毎年受診している「特定検診」では毎回数値に異常はなく、

血液年齢は54歳と実年齢より16歳若いという好結果を得ていました。

そこで自覚症状はないが「PSA(前立腺検査)」も受診して、勲章をもう一つ追加しよう、

という位の軽い気持での受診でありました。

ところがその1週間後、受診した医院から呼び出しが。そして医師から「PSA検査の結果、

数値が59.58(4以上はがんの疑い濃厚)で異常に高い、紹介状を書くから精密検査を受け

るように。」と、告げられる。

それに従い1週間後近大付属病院泌尿器科へ。主治医は「(肛門から医師が指をつっこむ)

触診では異常はないようだ。しかし数値が高いので3ヶ月に1度の検査は必要。但しそれ

は生体検査で異常が無かった場合で、とにかく生体検査は必須」とのこと。

この時点ではまだ一縷の望みがありました。

そして昨年末12月28日から2泊3日で、「生体検査」のため入院。その結果は本年1月

12日、「16本の採取した検体中6本にがんを検出」と告げられました。がんの告知です。

ここに至って、もはや一縷の望みは絶たれ、がん患者であることが確定した瞬間であり

ました。

私は前立腺がん患者であることが確定しました。今後はこの病気と共生していくことが

肝要だと思いますが、願わくば有効な治療を受けてがんを根治したいという気持も正直あ

ります。

今後は本ブログ記事の随所でこの「闘病記」をアップ、同病の戦友と意見交換、そして共

に戦って参りたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

2012年3月 9日 (金)

早春の草花

26441

「福寿草」

26451

「節分草」 (当初「雪割草」と記していましたが、ご指摘により訂正いたしました。)

26461

「座禅草」

これらの写真「早春の草花」は、東大阪市永和にあるカラオケ喫茶「陽だまり」

でご厚誼頂いている三宅さんの作品です。

三宅さんは大正9年生まれの御年92歳、カラオケに写真にと大活躍です

私が新曲「水芭蕉」や「日暮里挽歌」を教わったのも三宅さんのお陰。

ところで、これらの作品は一眼レフカメラで、望遠レンズを駆使して撮られた

とのこと。作品を頂戴して、余りにも見事なお作に感銘、思わずご紹介させて

頂いた次第です。拝見していると、カメラ撮影にも興味が湧いてきました

2012年3月 8日 (木)

畑作4年目の記録(其の1)

2639

じゃがいもの植え付です。種芋の名は「キタアカネ」。

例年は半分に切って、1週間ほど切り口を乾かしてから植え付けていましたが

今回は切り口に消石灰を付けて直ぐに植え付けました。この方法には諸説が

あって、切り口に木灰を付けるのが良いというのもありますが、木灰は入手

し難く、消石灰で試すことにしました。

2640

15cmの穴を30cm間隔に掘って植え付け、10cmの土が被さるようにしまし

た。この結果は半年後に。試行錯誤は延々と続きます。

2641

畑の近くに自生している蕗の薹。大分大きくなって、5月になれば「蕗の佃煮」

の材料になります。

2642

裏庭の梅が咲きました。1週間ほど前からウグイスが訪れて鳴いています。

開花は例年より半月は遅いように思います。寒い日が続いていましたが、

いよいよ春の到来でしょうか。