フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

啓心流(いけばな・その17)

2887

大阪高島屋で開催の「創立45周年記念 日本いけばな芸術展」に出展の

啓心流 木田勝心斉さんの作品です。

花材 : 梨の花 ・ つつじ  ・ 黄菖蒲。

黄菖蒲は花持ちがデリケート、毎朝新しい花を生け直しているとのこと。

ご苦労を感じた次第でした。

2888

展覧会場風景。

2889

その他の出展作品。

2890

2891

2892

目に止まったその他の作品。

2012年4月28日 (土)

林檎の花が満開(大阪府河内長野市)

2872

畑にある林檎に花が咲きました。

2870

小さい可憐な林檎の花。

2874

隣の梨畑も満開。

2875

先日のチンゲンサイに続いて「たかな」にも花が咲きました。

2876

家庭菜園の「スナックエンドウ」にも花が。第1回目の施肥を実施。

2866

久し振りに「神座(かもくら)」河内長野店で昼食を。

2865

2864

人気メニューの「美味しいラーメン」と「餃子。

2012年4月25日 (水)

当麻寺・東塔(水彩画スケッチ)

28771

4月15日、奈良県葛城郡當麻町の「当麻寺」へスケッチに行って来ました。

8Bのステッドラー鉛筆でラフスケッチ、淡彩に着色しました。

実景では塔の背景には樹木が数多く茂っていますが、省略しています。

2844

桜の花越しに臨む当麻寺・東塔。

2848

花吹雪がしきりに。

2846

2845

今年最後の花見でもありました。

2012年4月23日 (月)

日本いけばな芸術展(大阪高島屋7階)

2863

「創立45周年記念 日本いけばな芸術展」が大阪高島屋で開催されます。

会期は4月25日(水)~30日(月・振休)。

     前期展=4月25日(水)~27日(金)

     後期展=4月28日(土)~30日(月・振休)

この展示会 前期展に啓心流宗家 木田勝心斉さんが出展されます。

因みに木田勝心斉さんは毎月最終週に近鉄奈良線「永和駅」陳列コーナーに

出展されています。

2012年4月19日 (木)

「第17回 柑芦展」(薬業年金会館)

2856

4月18日(水)、大阪市中央区谷町6丁目の「薬業年金会館」で開催の

「第17回 柑芦展」を拝見してきました。

出展作の中に、ボランティア的職の仲間Mさんの作品を発見。

お元気で作品制作に励まれているご様子。私も頑張って作成に努めねば

ならないと存じた次第でした。

2860_3

美術鑑賞の後、東大阪市小阪のカラオケ店「レインボー」で5時まで熱唱。

そして7時過ぎまで居酒屋「村一番」で歓談、帰宅は9時過ぎ。

勤務していたボランティア的職場の仲間との月一の歓談、いつも待ち遠しく

思っております

2862_2

2861

次回は現役の皆さんと倉敷方面へ「研修旅行」。楽しみにしております。

2012年4月16日 (月)

畑作4年目の記録(其の3)

2851

「なす」、「きゅうり」そして「とまと」の苗を植え付けました。いずれも“接ぎ木苗”。

連作障害を受けにくいからですが、1本130円平均。通常の苗に比べて

2~3倍の価格と割高ではあります。

2852

「ジャガイモ」の芽がでました。植え付けから1ヶ月、随分遅い発芽。

これも春先の低気温が続いたからでしょう。

2850

「チンゲンサイ」を収穫せずに一部置いていたら「菜の花」が咲きました。

これはこれ、観賞用に残しておきたいと思っております。

2849

畑横の「桃の花」が満開。桜に代わって当分目を楽しませてくれそう。

2853

隣の「梨畑」の梨の花。画面右側は桃の花。

2012年4月12日 (木)

若樫の「しだれ桜」(和泉市若樫町)

2834

4月12日、大阪府和泉市若樫町の「しだれ桜」を見てきました。

一昨日に見てこられたYさんから伺って出掛けた次第ですが、昨日の雨と

風で花はほとんど散ってしまった様子で残念なことでした。

2835

2836

2837

この桜は、4月2日の朝日新聞朝刊の大阪堺泉州版に「『近畿の一本桜』

大阪和泉、手塩にかけて百滝桜」という表題で掲載されたとのこと。

それから10日が経過。来年は是非満開の頃に出掛けたいと思っております。

2012年4月10日 (火)

河内長野の桜(緑ヶ丘中町)

2826

4月10日、我が家の近く、河内長野市緑ヶ丘中町の桜が満開になりました。

昨年よりは10日ばかり遅いように思います。

明日の予報は雨、今日が最高のようなのでカメラに納めました。

2827

2829

2830

2831

2012年4月 9日 (月)

天野山金剛寺の桜(大阪府河内長野市)

2823

                                「多宝塔」

「天野山金剛寺」の桜、我が家からは車で7分。

4月9日、大阪にも桜の満開宣言がありました。東京よりも3日遅れです。

2822

「南朝御在所」のしだれ桜。

2825

境内参道の桜。

2012年4月 6日 (金)

前立腺がん闘病記(其の2)

2819

                      「咲き始めた近所の桜」

(経過)

● 昨年12月12日、「PSA検査」の結果、数値「59.58」。

  受診した開業医院長から「数値4以上はがんの可能性大、精密検査が必要」

  だと告げられる。そして近大付属病院で「精検」を受けることに。

● 同12月15日、近大付属病院泌尿器科主治医による「触診(医師が肛門

  に指を挿入しての診断)」結果では「異常は無いようだが、数値が高い

  ので『生体検査』を実施する」ことに。

● 同12月27日~29日まで入院、「生体検査」受ける。

● 本年1月12日、生体検査」の結果、主治医から「検体16本中、6本に

  がん細胞を検出」と告げられる。この時点でがん患者であることが確定。

  そして同時に「がんが前立腺内にとどまっているか、他に転移しているかに

  よって治療方法が異なる。そのため『MRI検査』・『骨シンチ検査』を実施す

  る」ことに。

● 1月31日、主治医から「『MRI検査』・『骨シンチ検査』の結果、骨やリンパ

  への転移は認められない。現時点では、がんは前立腺内にとどまっている

  ようだが、数値が高いので前立腺の外側に浸潤している可能性がある。

  それらを踏まえて、有効な治療計画を提示したい」とのこと。

  そして「『ホルモン治療(注射と同服用薬)』・『ブラキセラピー』・『放射線照射』

  の3本セットの治療法を提案され、承諾することに。

  なお、『ブラキセラピー』とは、前立腺内に放射性物質を封入したシード

  (線源)を埋めこみ、放射線をがんに持続的に浴びせようとする治療法で、

  20年の歴史があるとのこと。

  この治療は5月下旬に(3~4日)入院して受ける予定。

● 2月23日、第1回目の「ホルモン注射(1ヶ月間有効)」を。

  そして翌朝から、毎朝食後『カソデックス錠80mg』を服用することに。

● 3月22日、第2回目の「ホルモン注射(3ヶ月間有効)」を。

  前回同様、毎朝食後服用の『カソデックス錠80mg』は続行。

● (PSA数値の推移)

  平成23年12月12日: 「59.58」

         12月15日: 「50.730

  平成24年 2月16日: 「46.370」

          3月22日: 「8.060」 「ホルモン注射」と「カソデックス錠80mg」

                        の効果が認められる。

(今後の対応)

当初のPSA数値「59.58」が「ホルモン注射」と「カソデックス錠80mg」投与

の結果、「8.060」と驚異的に減少しているが、これは決して安心できる数値

ではない。

何故なら、それは検査段階でのクリアー数値は「4」以下であり、しかもこの

「8.060」「ホルモン注射」「カソデックス錠80mg」の効果であるに過ぎない。

そして何より留意すべきはがん細胞はホルモン療法に対して「耐性を持つ

至る」ということ。従って、一旦治療が始まれば、徹底的にがん細胞を

一気呵成に叩かねばならない。決して絶滅まで気を許してはならないとい

こと。あくまでもPSA数値は「0.000」を目指さねばならない。

さて、がんを治すための戦略は、食事が大事。今年1月からは「玄米食」を始

め、毎朝飲んでいた牛乳を「トマトジュース」に替え。そしてコーヒーは紅茶に

但し、主治医の「アルコールはかまわない」という言葉を信じて、晩酌のビール

とナイトキャップの焼酎(の湯割)は続けています。

今後とも免疫力を増大することに努め、近代医学治療も受けて、何でも

「ええとこ取り」をして、完全治癒を目指したいと思っているところです。