フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 「玉砕(Gyokusai)」(小田 実) | メイン | 前立腺がん闘病記(其の6) »

2012年7月10日 (火)

尻無川一景(水彩画スケッチ)

31521

6月4日(月)、「JR大正駅」近くの「尻無川」へスケッチに行って来ました。

これはカラーインクの黒で描いたスケッチ画。ペンは件のペリカンの羽根です。

透明水彩絵の具で彩色。一部ハードパステルも使用しています。

31511

ところで、この画像と上の画像は同じ作品を撮ったものですが、この画像は

蛍光灯の照明で、そして上の画像は昼光色電球で撮った結果、(色合いが異

なり)両者は異なった作品に見えます。原画を忠実に再現するのは至難ではあ

ますね。

31481

スケッチした原風景。スケッチでは起重機の向きを逆方向に置き換えて描いて

います。それは構図として、その方が収まりが良いように思えたからでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347741/29355439

尻無川一景(水彩画スケッチ)を参照しているブログ:

コメント

昼光色電球で撮られた画像を、JTrimで画像を加工、HSVカラー調整を施すと、写真の色に近い色合いに調整できました。どちらか一方しか写真がないような場合に、お試し下さい。
他の画像加工ソフトの中には、ホワイトバランスを自動で修正してくれるものもあります。

ホワイトバランスの好みもありますが、原画を忠実に出すのは難しいですね。お写真からですと、中央のが近いかと思いますが、色合い的にはどちらも一味ありますね。

こんにちは!
大阪に残る「渡し船」に乗ってみたいと思っていました。
確か尻無川にもありましたよね。
至誠さんのスケッチを拝見して 想像が膨らみます。
最初は、上の絵を拝見した時、この絵が好き。この絵の方が好き。・・・と感じました。
しかし、次の絵をじっくり拝見していると この絵にも感じるものがあり、「いいなぁ~」と思いました。観る者のその時の感情、それぞれの絵の味によって 同じ場所が違ってみえることは不思議でもあり、あたりまえでもあるような・・・。感慨深い絵です。

そよ風 さま

ホワイトバランスの調整で、原写真に近づけることができるようですね。
ご教示頂いた「JTrimで画像を加工、HSVカラー調整を施す」手法についても学習したいと思います。
ありがとうございました。

森 すえ さま

確かに写真で撮った作品を見るたびに、果たして原作品の価値を忠実に具現できているのか、
と思ったりしますね。
やはり、原画を直接見るにしくは無し、それが展覧会場におもむく意味合いかも知れませんね。

生駒の風 さま

いつもコメントを頂きありがとうございます。
同一作品を撮った2枚の写真、色合いによって違った印象になりますね。
それは作者が作品を仕上げる際の(作者の)意図にも反映できることで、
早く独自の画風が定まるよう努めたいと思ったりしていることでもあります。

コメントを投稿