フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

喫茶「プランタン」(大阪狭山市)

3231

8月27日、大阪狭山市の喫茶「プランタン」で朝食をとりました。

3230

このお店はいつも満席に近く、繁昌しています。

3229

モーニング、「トースト・ゆで卵・コーヒー」セットが400円。

この値段は一般的な価格だと思いますがいつ行っても満席状態。

このお店が流行っているのは、落ち着いた雰囲気、そして従業員の接客態度

の良さでしょうか。

そして又、長居しても迷惑がらないのも人気の一つかも知れません。

3233

堺市泉ヶ丘の「パンジョ」で開催中の「泉北美術小品展」を鑑賞。

M・Hさんの作品を見つけて、懐かしく存じました。

涼しくなれば「芸術の秋」、頑張って描かなければならないと、改めて思った

次第です。

2012年8月24日 (金)

「大阪王将」千代田店(大阪府河内長野市)

3226

8月24日、南海高野線「千代田駅」東側近くの「大阪王将(千代田店)」で昼食を

とりました。

3227

「麻婆豆腐丼」と「ミニラーメン」そして「焼餃子」。

お店玄関には「元祖焼餃子」の幟旗がありますが、確かにこの焼餃子は

美味しい。以前、大阪王将の焼餃子の評判は聞いていましたがそのとおりだ

と思いました。

ところで「王将」といえば、この「大阪王将」と「餃子の王将」があります。

古いのは「餃子の王将」で、その創業者の親類がはじめたのが「大阪王将」とか。

「王将」の命名をめぐって過去に裁判問題があったようですが、裁判所の和解

勧告によって現在のそれぞれの呼称に至っているようです。

「大阪王将」の「元祖焼餃子」の幟旗には、「餃子の王将」と張り合っている

意味合いがありそう。両者の切磋琢磨が焼き餃子の味の進化につながって

いるとしたら、私達には有り難いことではありますね。

3228

このお店は随分前からありましたが、最近改装されて綺麗になっていました。

2012年8月17日 (金)

前立腺がん闘病記(其の7)

3213

                      「近畿大学医学部付属病院」

8月16日、採血検査。「PSA(前立腺腫瘍マーカー)の数値は「0.034」に。

1ヶ月前の7月12日、数値「0.097」に安堵していたが更に数値を更新、この

好結果に一安心しています

(PSA数値の推移)

平成23年12月12日    59.58

           12月15日    50.73

平成24年 2月16日    46.37

        3月22日     8.060

           5月 2日     0.946

        6月14日     0.266

        7月12日     0.097

              8月16日     0.034

さて、私の前立腺がん発覚時の数値は「59.58」という高数値だったが、

精密検査(PET・MR I)の結果、幸いにも骨やリンパへの転移はないという

ことだった。従って、がんは前立腺内部に留まっている「限局がん」との診断。

しかしながら、余りにも高数値(安全数値は 4以下)なので限局がんではある

が、前立腺外部に浸潤している可能性がある、ということであった。

以上を踏まえての私の治療方針は、高リスク群患者を対象とする「ホルモン

療法+高線量照射(ブラキ+外照射)」と決定された。

その方針に従い、1月のホルモン療法を皮切りに、ブラキ施術、そして外照射

と続いて8月11日(ホルモン錠剤飲用)を最後に、全て完了。7ヶ月の治療過

程を無事終えた。

次回診察は3ヶ月後の11月15日。その際の採血、「PSA」検査の結果が

気になるところだが、数値は若干上昇するとのこと。現時点での「0.034」は

ホルモン療法の効果が異常に作用しているからで、全てが終了しての結果

は数値が順次漸減し続けるということにはならないとのこと。

因みに、「がんが自然退縮のときに腫瘍マーカーはあがる」という記述の資料

がある。

それはともかく、私の治療計画は一応終了、「人事を尽くして天命を待つ」の

心境で今後に臨みたいと思っております。

<過去の前立腺ガン闘病記

          http://shisei.blog.eonet.jp/default/cat8720249/

 

2012年8月16日 (木)

古希記念句集「夏帽子」(玉谷三山 著)

3210

8月16日、古希記念句集「 夏帽子」を拝受しました。

著者の玉谷三山(本名 龍平)さんは中学校時代の同級生で、12年前には

還暦記念句集「秋祭」を上梓されています。

三山さんは俳人協会会員で、俳句結社「雪解(ゆきげ)」と「うまや」の所属。

8年後の傘寿には第三句集を上梓したいと、益々ご活躍のご様子です。

句集から最近の作品5句をご紹介いたします。

 張替へし網戸より風真青(まさお)なる      (6月 奈良 橿原)

 大の字に寝てふるさとの青網戸(あおあみど) (6月 奈良 橿原)

 なまこ壁映(は)ゆる川面(かわも)に風若葉  (6月 倉敷市・美観地区)

 夏つばめ路地抜けてまた返しをり         (6月 倉敷市・美観地区)

 蔵町(くらまち)の猛猛(たけだけ)しきは夜(よ)の新樹

                                 (6月 倉敷・美観地区)

3212

我が家の「百日紅(さるすべり)が満開になりました。

2012年8月 8日 (水)

泉南メモリーアルパーク(大阪府泉南市)

3207

「ペチュニア」。

3208

「泉南メモリアルパーク」の花園に咲いていた「ペチュニア」。

3204

8月7日、大阪府泉南市の「泉南メモリアルパーク」へ墓参りに。

盆になると混雑が予想されるので、早めの墓参です。

3205

画面中央、はるか彼方は「関西国際空港」。

3206

水平線には関西国際空港への架橋。この画面では小さすぎて見えにくいかも

知れません。

3209

我が家の裏庭に咲き始めた「百日紅(さるすべり)」の花。

これから2~3ヶ月咲き続けて、目を楽しませて呉れそうです。

2012年8月 6日 (月)

老祥記の豚饅頭(神戸元町・南京街)

3197

8月5日、神戸元町の「南京街」へ。9月に予定している写生会の下見を兼ねて

の散策です。

写真は行列のできる「老祥記(ろうしょうき)の豚饅頭。その行列に並んで持ち

帰りました。

3198

1個90円、10個を購入して持ち帰りました。この老祥記の豚饅頭は大正4年

創業、91年の歴史を誇ります。この豚饅頭は皮に秘伝があって、それは門外

不出とか。

3191

お店は「南京広場」の西側に面しています。

31961

元町駅前の「元町駅交番」。絵になる佇まいです。

31951

「EVIAN COFFEE SHOP」、このコーヒーショップも絵になりそう。

今日は元町駅の南側を散策しましたが、北側には件の「北野」などのモチーフ

があって、9月の写生会はどれを描こうか、と迷いそう。

それはともかく、9月になればこの猛暑は収まって、描きやすくなっていること

でしょう。楽しみにしております。