フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 泉南メモリーアルパーク(大阪府泉南市) | メイン | 前立腺がん闘病記(其の7) »

2012年8月16日 (木)

古希記念句集「夏帽子」(玉谷三山 著)

3210

8月16日、古希記念句集「 夏帽子」を拝受しました。

著者の玉谷三山(本名 龍平)さんは中学校時代の同級生で、12年前には

還暦記念句集「秋祭」を上梓されています。

三山さんは俳人協会会員で、俳句結社「雪解(ゆきげ)」と「うまや」の所属。

8年後の傘寿には第三句集を上梓したいと、益々ご活躍のご様子です。

句集から最近の作品5句をご紹介いたします。

 張替へし網戸より風真青(まさお)なる      (6月 奈良 橿原)

 大の字に寝てふるさとの青網戸(あおあみど) (6月 奈良 橿原)

 なまこ壁映(は)ゆる川面(かわも)に風若葉  (6月 倉敷市・美観地区)

 夏つばめ路地抜けてまた返しをり         (6月 倉敷市・美観地区)

 蔵町(くらまち)の猛猛(たけだけ)しきは夜(よ)の新樹

                                 (6月 倉敷・美観地区)

3212

我が家の「百日紅(さるすべり)が満開になりました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347741/29558397

古希記念句集「夏帽子」(玉谷三山 著)を参照しているブログ:

コメント

相当情熱を注ぎこんでこられたことが分かる俳句とお見受けしました。気負いなく、てらいなく作るには、時間と言う醸成期間が必要です。
どこでも、いつでも句を練ることができれば、それこそ道具いらずで楽しめます。

「 夏帽子」の句より情景が浮かんでその時の思い出が蘇ることでしょうね!
百日紅、青空と似合っております。

そよ風 さま

俳句は17文字の世界一短い詩、俳句人口は数百万人でしょうか。

紙と鉛筆だけで紡ぐ名句作りに感嘆しております。

osamu さま

作者は作った一句一句にそれぞれ想いが蘇って、
いわば自分史を句作を通じて著しているのかも知れませんね。

百日紅、真夏の花の少ない時期に目を楽しませて呉れております。

コメントを投稿