フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 東大阪市民文化祭「茶花道大会」(東大阪市民美術センター) | メイン | 花の文化園(河内長野市) »

2012年10月17日 (水)

大阪ガスすずらん会・文化展(アーバネックス備後町ビル)

3396

10月16日、開催中の「大阪ガスすずらん会・文化展」を鑑賞しました。

3394

「調美会」でご一緒の川口正浩さん出展の川柳5首。

3395

川口正浩さん書の「菜根譚(前集)より」。

(訳文)

古くからの友人とは、

常に新しい気持でつき合いたい

人に知られたくない機密事項を処理する時は、

とりわけ公明正大な態度で当たりたい

お年寄りには、以前よりも

一層いたわりの心を持って接したい

3392

南海高野線特急「こうや号」。

上記展示会鑑賞の際に乗車しましたが、乗車券の他に特急料金500円。

久し振りに利用してみました。

3390

先頭車両の最前席からの眺め。ちょっとした「撮り鉄」気分を満喫。

因みに、特急料金500円は乗車料金480円よりも高く、めったに利用しません

が、乗り心地やサービスが行き届いて、ミニ旅行気分を味わえます。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347741/30067685

大阪ガスすずらん会・文化展(アーバネックス備後町ビル)を参照しているブログ:

コメント

小さい子供に将来何になりたいと聞くと、三人に1人くらいは、電車の運転手と答えたものです。

電車に乗ると、最前席で列車の窓をみることが好きな男の子は多かったものです。

出発進行とか、その時覚えましたね。

至誠さんは美術展によく行かれますね。それも偏りがなくバラエティに富んで様々な芸術をご覧になられので感心いたしております。描く事も見ることすべてを含めた文化や芸術にご興味がおありで素晴らしいです。
一度、私も機会があれば、南海高野線特急「こうや号」に乗ってみたいです。

そよ風 さま

確かに、電車の運転手は小さい子供の夢の代表ですね。

この特急は空いていたので、指定席を最前席に変更して貰いました。

森 すえ さま

美術展にはよく行っている方だと思います。
知人から案内のあった分はほとんど全部鑑賞しております。

南海高野線特急「こうや号」は素晴らしい車両、ご乗車になる機会があればいいですね。

“楽星さん”の川柳5首、味わいがございますね! 「菜根譚(前集)より」の書も、とても素敵です。

osamu さま

楽星さんの川柳は味わいがありますね。

菜根譚は私も愛読書、日々の行いの倫理観が満ちているように思っております。

こんばんは!
南海高野線の特急は乗りごこちがとても快適だったようですね。
一番前の席は楽しいですよね。
私は門真市駅からモノレールをよく利用しています。
始発駅ですので 一番前に乗ることが多いです。
モノレールは俯瞰する景色もすばらしく 子供みたいに楽しんでいます。
私も先日書道展にでかけてきました。川柳5首も楽しくて味わい深いですね。

生駒の風 さま

乗車した南海高野線の特急は短い区間でしたが、(特急料金)500円の価値はありました。
一番前の座席は楽しいですね。

ご紹介した書の作品は、私が以前からの愛読書「菜根譚」だったので、より興味深く拝見いたしました。

コメントを投稿