フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

畑作4年目の記録(其の9)

3716

収穫時期を迎えた白菜。

3714

順次収穫することに。

3718

ブロッコリー。

3717_4

ブロッコリーも収穫出来そう。

3719_2

チンゲンサイ。種蒔きが密集して苗の間隔がなく、間引かないと大きくならない

様相。

3720_3

小蕪。収穫できそうな大きさに。

3724_2

大根。適期に種蒔きした結果、十分な大きさに。

3725

適宜収穫、大いに役立っています。

3732

大根の浅漬け。ビニール袋に大根、酢・砂糖・塩・昆布・唐辛子を入れて密封、

一夜漬ければ出来上がり。ご飯は勿論、ビールや酒のあてにもなって重宝。

3727

鰺のはらわたを取って、油で唐揚げにして、

3728

鰺の南蛮漬。鰺の唐揚げを三杯酢、玉葱・唐辛子を入れて一昼夜おけば

出来上がり。これは頭から丸ごと食べられて、骨粗鬆症の予防になりそう。

2012年12月24日 (月)

第9回 東大阪市ボランティア基金チャリティコンサート

3708

12月21日、午後6時から東大阪市民会館で開催された(東大阪社会福祉協議

主催)「第9回 東大阪市ボランティア基金チャリティコンサート」に行って来ま

した。

演奏は、大阪市音楽団。やはり当然といえば当然ですが、生演奏は、CDで聞

くどんなに豪華な再生装置よりも迫力がありますね。

この大阪市音楽団の発祥は古く、大正末期の軍楽隊の流れをくんでいるよう

で、公共音楽団としては日本最古参だとか。

しかし、文楽と共にこの楽団の運営補助金についても、橋下大阪市長行革の

矢面になっているようで、演奏の合間合間に観客を沸かせる工夫が見られます。

これも楽団の入場料収入アップを期する意欲の表れでしょうか。

私達ファンとしては末永い存続を祈念したいところです。

3703

演奏会は午後6時から。それまでの1時半から5時までの間、寸暇を惜しんで

(笑)カラオケへ。

3704

この日の機械の採点は厳しく89点が最高、ついに90点以上は出ません

でした。

3705

3707

3706

そして演奏会へ。演奏会終了が午後8時。

それからビールを交えての会食。私は駅からの最終バスの都合で9時半には

失礼しましたが、皆さんは11時頃まで歓談に花を咲かせたことでしょう。

3713

夏に頂戴した年代物の黒松の盆栽。剪定、整枝をしましたが、もう少し風通しを

良くするため刈り込んだ方が良さそうです。

2012年12月22日 (土)

近代挿花草月古流(近鉄奈良線「永和駅」)

3700

12月13日、近鉄奈良線「永和駅」いけばな展示コーナーは、近代挿花草月古流

栗田理順さんの作品でした。

このコーナーに毎月末週展示の啓心流 木田勝心斉さんの作品をご紹介して

きましたが、今回の栗田理順さんは木田勝心斉さん共々、「東大阪茶花道協会」

の発展に寄与されていると仄聞、ご紹介させて頂きました。

3710

裏庭の山茶花が咲きました。

2012年12月14日 (金)

「歌ごえスタジオ かわぐち」での忘年会(八尾市本町)

3697

11月13日、近鉄八尾駅西側近くの「歌ごえスタジオ かわぐち」での忘年会に

参加してきました。お誘いはK.Mさん。御年93才、溌剌と新曲にチャレンジ

されているお姿は驚嘆そのものであります。

3689

このスタジオは音響設備秀逸、舞台完備の本格派です。

3693

12月19日(水)、15:00~「ラジオ関西」の公開録音がこの会場で。

番組名は「哲也・たま希の演歌で行こう」。放送日は調べたいと思っています。

3692

このスタジオのオーナーは、川口哲也歌手。

プロの感覚で、音響効果は抜群、お客さんの熱唱も普段より5割り増しに

聞こえるのでは !?

3698

今回のメイン歌手は、加門 亮さん。「黒い花びら」をリリース、全国で

キャンペーン活動をされているようです。

3699

3696

珈琲豆専門店「カルディ八尾」。近鉄八尾駅近くで、本格珈琲豆の品揃えは

豊富な様子。

3694

喫茶コーナーもあって、K.Mさんとしばし歓談の花が咲きました。

楽しい時間を設定下さったK.Mさんに心から深謝申し上げます。

2012年12月12日 (水)

鹿児島ラーメン「真琴」(堺市美原区)

3681

11月12日、久し振りに鹿児島ラーメン「真琴」(堺市美原区)に立ち寄りました。

3682

3683

「豚骨ラーメン」。以前はもっとこってり味だったように思いますが、気のせい

でしょうか。昨今はあっさり味が人気かも知れませんが、むしろ、以前のこってり

が懐かしく思いました。

3684

和菓子「車石(くるまいし)」を頂戴しました。抹茶が合いそう。

2012年12月10日 (月)

畑作4年目の記録(其の8)

3664

チンゲンサイ。種蒔き後、苗が大きくなってきました。

間引いて食すか、一部は植え替えたいと思っています。

3665

小蕪。大分間引いたが、もう少しすれば収穫、漬け物にする予定。

3667

白菜。葉っぱの巻が大きくなってきました。

3666

寒さ対策で、白菜の葉っぱの上部を括っています。

3668

大根。種蒔きを早期にした結果、順調に。

鰤大根や切り干しで当分楽しめそうです。

3658

久し振りに、自家製味噌造り。

大豆を煮て、機械に通したところ。この後、塩、麹を混ぜて練り込み、半年間

寝かせれば完成。塩分控えめで高血圧対策にも対応、重宝しています。

3660

ラーメン店「神座(かもくら)」で食べた昼食。

つゆのレシピは一子相伝、外部流出防止を徹底しているとか。

確かにここのつゆは、独特の味わい。具の白菜が多く、飽きの来ない味。

豚骨味などの濃い味が主流のラーメン界にあって、珍しい存在です。

2012年12月 6日 (木)

トンネル工事(河内長野市小山田地内~上原地内)

3661

河内長野市小山田地区から南方向にある外環状線(R170)へは地図上での

直線距離は2~300mですが、実際には道路が無く、1kmほど迂回しなけれ

ならなく不便そのものです。

3662

地域住民の市議会への陳情が功を奏し、平成24年6月27日にトンネル掘削

工事が開始され約半年が経過。そして、この度2本中1本が貫通。来年の

平成25年3月中には貫通した1本を整備、片側相互通行の運びとなりました。

トンネル2本の完全完成は1年後の平成25年12月28日ですが、取り敢えずは

利用可能になって、地元住民の喜びはひとしおでしょう。

因みに、工事費は14億9千100万円。この事業の「費用対効果」の意味合い

からも大いに利用しようと思っている次第です。

3670

12月6日午後、和歌山県橋本市の親戚Nさん宅玄関を飾る「黒柿」と「柚子」。

この黒柿は先日の当ブログでご紹介したあの黒柿です。

3671

抹茶を頂戴した茶碗が気に入って底部を拝見すると、Nさんの名が。

Nさんの多才さを再認識させて頂きました。

3669

昨夜、エアコンの外部配線を点検。その結果、電線接続不良が判明。

3673

ホームセンター「ナフコ 河内長野店」で、「クイックロック差込形電線コネクタ

2極用」が見つかり、大助かり。今更ながら、ホームセンターの品揃えが多彩

であることを再確認しました。

2012年12月 3日 (月)

観心寺の晩秋(大阪府河内長野市寺元)

3629

                      「楠木正成 銅像」

12月3日、大楠公 楠木正成ゆかりの「観心寺」へ紅葉狩りに。

3631

「観心寺」は、文武(もんむ)天皇の大宝元年(701)、役小角(えんのおづぬ)

によって開かれ、初め「雲心寺」と呼ばれていたが、その後、弘法大師空海が

本尊「如意輪観世音菩薩を刻まれて寺号を「観心寺」と改称されたとのこと。

3654

山門脇の紅葉。

3653

3633

「南天」。

3645

「金堂」(国宝)。

昨日の日曜日までは夜間照明のイベントがあったが、今日は機材の撤収が

始まった様子。

3639

3638

「賓頭盧(びんずる)さん」、別名「なでぼとけ」。

信者が頭をなでるので、てかてかに輝いています。

3640

金堂から眺めた紅葉。

3643

屋根に積もった紅葉の葉っぱ。

3644

紅葉のじゅうたん。

3647

「建掛塔(たてかけのとう)」(重要文化財)。南北朝時代。

三間四方、茅葺、三重塔建立予定が、正成湊川で討死のため未完のまま現在

に伝わる。建物命名の由縁でしょうか。

3649

「修行大師」。

3637

金堂から山門を望む。

境内は広大な感じだが、最盛期は50余坊あった塔頭(たっちゅう)は現在

は2坊だとか。最盛期の姿は想像を絶します。

紅葉を求めて探索してきましたが、今日は時宜(じぎ)にかなう最後の日と

なるのかも知れません。