フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 「歌ごえスタジオ かわぐち」での忘年会(八尾市本町) | メイン | 第9回 東大阪市ボランティア基金チャリティコンサート »

2012年12月22日 (土)

近代挿花草月古流(近鉄奈良線「永和駅」)

3700

12月13日、近鉄奈良線「永和駅」いけばな展示コーナーは、近代挿花草月古流

栗田理順さんの作品でした。

このコーナーに毎月末週展示の啓心流 木田勝心斉さんの作品をご紹介して

きましたが、今回の栗田理順さんは木田勝心斉さん共々、「東大阪茶花道協会」

の発展に寄与されていると仄聞、ご紹介させて頂きました。

3710

裏庭の山茶花が咲きました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347741/30653387

近代挿花草月古流(近鉄奈良線「永和駅」)を参照しているブログ:

コメント

栗田理順さんの作品は女性の繊細な感性が良く表れていますね。空間の芸術を表現されて素晴らしいです!(ガラスに至誠さんのカメラを抱えられてる姿が映っているようですね)最近、私も山茶花の花をよく見かけていますが、冬の綺麗な花ですね。

森 すえ さま

栗田理順さんの作品は、ご指摘通り空間の芸術の表現でしょうね。

ガラスに私が映っているのがお分かりになったようですね。作品撮影にガラスの反射をどう防げばいいのか、難儀しています。

確かに、山茶花の花は冬の風物詩ですね。

以前は生垣に山茶花を植えていましたが、花びらの掃除がたいへんで、柘植に変えてしまいました。
この木は立派な大きさになっているようです。冬に珍しい、赤い色の花を咲かせてくれます。

そよ風 さま

生け垣に山茶花は綺麗ですが、花びらの掃除がたいへんかも知れませんね。
私の方の生け垣はかいづかいぶきです。

この山茶花の木は35年経ち、毎年咲く花を楽しみにしております。

コメントを投稿