フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月19日 (土)

ウエットパレットを自作 !?

3788

左は以前に25ドル(3000円)で購入した(アクリル絵の具用)ウエットパレット。

右は自作のウエットパレット、材料費は(百均で購入した)105円のフタ付き

タッパーウェア。

3784

このタッパーウェアはフタ付きで密閉が可能。「百均」で105円でした。

アクリル絵の具は水で溶けて発色も良く重宝ですが、難点は乾きが早すぎる

ことです。通常のパレットでは直ぐに乾いてしまって、特に戸外での写生には

不向き。

そこで以前、ネットでアメリカ製の「マスターソン ウエットパレット」を当時の

為替レート・1ドル=120円で購入した価格は3000円でした。

それをこの度自作した次第です。

3785

家にあったスポンジをタッパーウェアのサイズに裁断、底に敷き。

3787

手持ちの「ペーパーパレット」をはがしてスポンジの上に。

そしてスポンジに水を浸せば出来上がり。

3789

早速、使ってみました。

色紙(和紙)にジェッソを塗って乾燥させ、アクリル絵の具で花を描いてみました。

今までもっぱら水彩画を描いてきましたが、今年は自作のウェットパレットを

持参、(アクリル絵の具で)戸外での写生にも励みたいと思っております。

2013年1月17日 (木)

とっておきの家庭菜園講座(河内長野市民交流センター)

3780

1月16日、河内長野市民交流センターで開催された「とっておきの家庭菜園

講座」を受講しました。

3781

演題は「春野菜の育て方について」。

家庭菜園歴(わずか)4年の私にとって、講義は意義深い内容でありました。

早速、明日から春野菜に向けての「土作り」に励みたいと思った次第です。

3783

市民交流センターは図書館と併設。

3782

受講後、図書館内の喫茶店で復習。そしてスポーツクラブ「コスパ 金剛」で

約3時間汗を流して帰宅。まずまずの今年の幕開けではありました。

2013年1月14日 (月)

初雪が!(河内長野市)

3775

1月14日、河内長野に初雪が降りました。

早朝は雨でしたが、8時頃から初雪に。

3777

積雪を心配しましたが、9時頃から小雨に。

写真は黒松の盆栽に積もった雪。近々寒肥を施したいと思っています。

2013年1月 6日 (日)

「和泉市久保惣美術館」でのコンサート

3758

1月6日、「和泉市久保惣記念美術館」で開催された「ミュージアムコンサート」を

視聴してきました。演奏は「アンサンブル大阪」。南大阪中心にクラシック音楽の

普及に貢献されています。

3752

メインの演奏曲目は、

「ブラームス クラリネット五重奏曲」と「モーツアルト フルート四重奏」。

3754

コンサートホール 入口付近の様子(ホール内は当然ながら撮影禁止)。

3755

美術館の敷地は広大。コンサートが終わって、珈琲で一服。

セルフサービス方式ながら、クッキーが付いて200円。深焙煎の薫り高い味わ

に満足。

コンサートにお誘い頂いたYさんご夫婦と暫し歓談。そして、帰途につきました。

3757

2013年1月 5日 (土)

シルクスクリーンの賀状

3746

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、この賀状は(大阪市立田島中学校の)恩師南 晃先生から頂きました。

シルクスクリーンで作成されていますが、毎年頂くのを楽しみにしております。

先生のシルクスクリーン技法歴は70年以上。大学時代には既にプロ並みで

学費はこの技法で充分賄われたようです。

先生は御年82才。いつまでもお元気で末永く年頭の作品を頂戴できるのを

楽しみに致しております。

3743

                       「天野山金剛寺山門」

年越しのカウントダウンは天野山金剛寺で迎えました。

3735

鐘楼で鐘を撞くのを楽しみで午後11時45分に到着しましたが、10時から

始まった108の鐘突の予約は既に終了したとかで、残念な思いでありました。

3739_2

本堂は大がかりな「平成大修理」中とか。

3737

3740

仮本堂での参拝に行列が。

3744

天野山金剛寺からの帰途、「青賀原神社」へ。

3745

こちらでは「二礼、二拍手、一礼」の神社方式で参拝。

今年の年頭は、寺院と神社の両方を詣ったことになりました。

新政権になって、市場に活気の兆しが・・・。確固たる実績となって欲しいもの

ですね。