フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 第13回 田島中学校「7期会」総会(天満橋「東天紅」) | メイン | 美山町の一斉放水 !? (京都府 美山町) »

2013年5月16日 (木)

前立腺がん闘病記(其の11)

4094

                 「近畿大学医学部付属病院 中庭の花壇」

5月16日、近大付属病院で3ヶ月ごとの経過観察の血液検査を実施。

その結果、PSA数値は「0.314」。3ヶ月前の数値「0.248」に比べて「0.066」

上昇した。

前回検査の際と同様、主治医から「当初のホルモン療法は極端に数値を下

げ、月日が経過してその影響が少なくなると数値が上昇するが、基準値

(<3.1)を越えなければ心配することはない」とのこと。この結果(「0.066」

の上昇)は想定内ではあった。

私の前立腺がん治療は、ホルモン療法+高線量照射(ブラキ+外照射)

この臨床研究治療は、高リスク群患者のうち骨やリンパ腺に転移がない場合

に限って実施されるもので、昨年8月11日の放射線外照射を最後に終了。

それ以後は若干の食事療法を取り入れ、牛乳を止めてトマトジュースに。

そしてヨーグルトや納豆を朝食に。夕食は玄米食に切り替えています。

但し、主治医の「飲酒はかまわない」という言葉を信じて、晩酌のビールと

寝酒の焼酎の湯割は欠かしたことはなかった、のですが・・・。

2週間前、突然血便が2回排出。もしかして、転移して大腸がん!?

驚いて、その晩から1週間アルコールの摂取を控えました。

1週間後、血便はその2回だけだったので晩酌のビールはノンアルコール

(サントリーフリー)にして、寝酒の焼酎の湯割1杯は復活。今日に至って

おります。

今日の診察時、主治医にそのことを報告すると「治療前のPSA数値が

高かったので放射線を通常よりも多く外照射。その影響で、直腸にダメージ

を与えた結果であろう。時間が経てば自然治癒に向かうので、特にその

治療は行わない」とのことで、安堵した次第です。

さて、次回の検査は3ヶ月後の8月15日。今後の推移を見守りたいと思って

います。

(PSA数値の推移)

  平成23年12月12日   59.58

  平成24年2月16日    46.37

         3月22日     8.060

          5月2日     0.946

         6月14日       0.266

        7月12日    0.097

        8月16日        0.034

        11月15日          0.048

  平成25年2月14日     0.248

         5月16日        0.314 

<過去の前立腺ガン闘病記

          http://shisei.blog.eonet.jp/default/cat8720249/

4093

4095

4092

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347741/31533557

前立腺がん闘病記(其の11)を参照しているブログ:

コメント

レポートありがとうございます。私の宇治市では、今年度から初めて特定検診日に前立腺がん検診(500円追加)を実施されるので、今回、受診する予定ですが、至誠様も自覚症状無しで受診された結果がこういう経緯になったと以前にレポートされていましたので、多少不安が有ります。その結果は、またレポートしたいと思っておりますので、ご教示をよろしくお願い致します。

osamu さま

私の場合は、冷やかし半分で受信したところPSA数値59.58という高数値(基準値3.1以下)が出て発覚。
幸いがんは転移していなかったので有効治療を受けることができて幸いでした。
PSA検査を受けられるとのこと、結果をお知らせ頂ければ幸いです。

順調なようでも、色々あるものです。前立腺に関しては小一時間の講義ができるレベルになられたのではないですか。高齢化すると前立腺を患う人は少なくありませんから、皆さんの役にもたちそうです。

そよ風 さま

前立腺を患っている人は周りに沢山おります。
数値が低くても生体検査でがんが発見されるケースが多いです。
早期発見早期治療の重要性を実感しております。

こんばんは!
病院の中庭は 以前に紹介していただいた時と比べると 花が多くなったようですね。お花畑がですね。

順調な経過で、安心されているところに 「血便」で驚かれたことでしょうね。
至誠さんは 早期に前立腺の異常がみつかったことで、大事に至らなく、病気との付き合い方を学んでいかれていますね。
歳を重ねれば 誰しも何事もなくいくことなんてないでしょうね。
どうやって病気とつきあっていくか、自己管理ができるかが大切でしょうね。
至誠さんの報告から 私も教わることが多いです。

ご無沙汰しております。前立腺がんとの闘病、大変でしょうが、数値は落ち着いて問題ないようですね。私の肥大状況は手術の対象に達しているようですが、輸血等のできないリスクを持っているので薬で対応しています。3日前、胃の内視鏡検査をしましたが、胃と食道にポリープがあり、生検の結果待ちです。
水彩画のブログ再開しました。週1枚を目標にまた、ヘタな絵と文を載せたいと思います。

生駒の風 さま

病院の中庭の花壇、充実されて立派な花園になってきました。
健康年令は70才だという説があります。
70を越えると病は必定、仰るとおり「どうやって病気とつきあっていくか、
自己管理ができるかが大切」ですね。
病気と共生するくらいの心構えも考えたりしております。

笛吹童子 さま

ご無沙汰しています。

胃と食道にポリープがあるようですが、生検の結果待ちですね。

水彩画のブログ、拝見いたします。

コメントを投稿