フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 前立腺がん闘病記(其の11) | メイン | 研修旅行(天橋立・丹後半島) »

2013年5月23日 (木)

美山町の一斉放水 !? (京都府 美山町)

4137

5月20日、かやぶきの里「美山町 北山」で実施される一斉放水を見学しました。

この一斉放水は、燃えやすいかやぶき建物の類焼を防止するため、年2回(5月と11月)

各戸に設置の「放水銃」の点検を兼ねて実施されるものです。

4136

2005年5月、かやぶきの里の1戸が消失したのがきっかけで、各戸に放水銃を設置。

その設備の点検を兼ねて年2回「一斉放水」が実施されます。

今年の1回目が5月20日午後1時30分に実施され、見学することができました。

4133

ボランティア観光ガイドさんの説明。

私達「研修旅行」で訪れた一行16名、ガイドさんの説明を熱心に聞き入ります。

4134

一斉放水前のスナップ写真。今回研修旅行世話人Nさんのカメラは本格派。

「コダック」をご自身の使い勝手に合わせて改造された玄人はだしの代物です。

さて、5月19~20日に実施された「研修旅行」の様子は後日アップ予定、ご欄頂ければ

幸いに存じます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347741/31558937

美山町の一斉放水 !? (京都府 美山町)を参照しているブログ:

コメント

美山町に知人が居りまして「かやぶきの里」を見学したことがございます。今回の放水の様子は凄いですね。研修レポートを楽しみにしております。

かやぶき建物の類焼防止のため、放水の実地はとても良いことですね。鯉のぼりもしぶきをあびていきいきしてるようです!!!

osamu さま

この一斉放水は各戸設置の放水銃の点検を兼ねて、年2回実施されますが、写真撮影や見学客が千名以上いたように思います。

森 すえ さま

各戸備え付けの放水銃は万一出火してもご自分の家でくい止めて、類焼を防止するためとのこと。
燃えやすいかやぶきに延焼すると、地区一帯が消失する恐れがあります。
この日は気温30度以上、こいのぼりは水を浴びて気持ちよさそうでした。

素敵な被写体が満載の場所ですね。景観を守るとこんなに美しいのかと驚かされます。

そよ風 さま

景観保存行政と住民が一体となった成果でしょうね。
末永く敬称されていくことを祈念したいですね。

研修旅行で美山にいかれたのですね。
「一斉放水」の時はまだ出かけたことがありませんが、私も2008年から毎年美山にでかけています。
美山町のほたると由良川のアユと芦生の原生林に惹かれています。
もうすぐベニバナヤマシャクヤクが咲きますね。
でかけたいなぁ~!と思いながら至誠さんの写真を拝見しました。

生駒の風 さま

美山へは5年前からお出かけですね。
一斉放水は5月と11月の年に2回だけで、私達の日程に合致してラッキーでした。
レンゲ畑が満開でしたが、自然豊かな里山風景に魅了いたしました。

コメントを投稿