フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

丸亀製麺(河内長野店)

4217

釜揚げうどんの「丸亀製麺」(河内長野店)へ行って来ました。

以前、大阪 北心斎橋店で食べて、美味しかったと聞いていたチエーン店が河内長野

にも出現。早速、出かけてみた次第です。

4220

釜揚げうどんをベースに具をトッピング、好みの内容で食べるシステム。

4218

カレーうどん・いなり・天ぷら

4219

トロ玉うどん・天ぷら

この二人分で1300円、手頃な値段。リピーターで賑わっているのは納得です。

2013年6月26日 (水)

植木剪定の基礎講座を受講(河内長野市 寺が池公園)

4198

6月22日、河内長野市公園協会が実施する「植木剪定の基礎講座」を受講しました。

講師は、樹木医 高木正彦先生。昨年秋にも受講しましたが、今回は「初夏~夏」編です。

4199

室内の講義後、公園のツツジを教材に剪定の実演。剪定方法、剪定道具の手入れ等

について、懇切丁寧な説明を。皆さん、熱心に聞き入っていました。

梅雨の晴れ間を待って、適期である「つつじ」、「さつき」、「ウバメガシ」、「カイヅカイブキ」

の剪定を実施するつもりです。なお、カイヅカイブキの鬼葉(先のとがった葉っぱ)は

根元から切り取った方が良い。当面、その部分には穴が空くことになるが、順次生えそろ

うとのこと。

4203

正面は、寺が池公園管理事務所。

4204

公園は管理が行き届いて、市民恰好の憩いの場になっています。

4206

紫陽花は今が盛りでしょうか。

2013年6月18日 (火)

じゃがいもの創作料理(レシピ)

4186_2

じゃがいもを収穫。じゃがいもを使った料理は肉じゃがをはじめ枚挙にいとまがありません

が・・・。

早速、家内がじゃがいもを使って創作料理に挑戦 !?

さて、今年は玉ねぎとじゃがいもが豊作。降雨が少ない中、自宅から畑まで水道水を

ポリタンクでせっせと運搬、そのかいがあったようでよろこんでいます。

(材料) 2人分

。じゃがいも (3個)  。ニンニクみじん切り(2粒) 。じゃこ(少々) 。かつお節(2パック) 

。バター(大さじ2杯) 。しょうゆ(大さじ2杯) 。あさつき(少々)

(作り方)

① じゃがいもはレンジでやわらかくして皮を剥き、あさつきは小口切り。

②フライパンに油をひき、弱火でニンニクをいため、じゃこも加えてカリカリにする。

③じゃがいもを加え一混ぜしたら、バターを加える。

④仕上げにしょうゆを鍋肌から加えて、かつお節を振り入れ、あさつきをトッピングする。

4185

行きつけのスーパー「まつ源」で見かけた盲導犬。飼い主が知りあいと雑談している間、

おとなしく待っています。賢そうな所作に思わずカメラのシャッターを切りました。

2013年6月13日 (木)

梅肉エキスを作る !?

4174

和歌山県橋本市の親戚から頂戴した青梅を家内が「梅肉エキス」に加工しました。

10キログラムの青梅から出来上がった梅肉エキスは40グラム。原材料の0.4 %です。

4172

「梅肉エキス」作りに使用した青梅はこれの10倍。

4170

梅肉エキスは、青梅のジュースをペースト状になるまで煮詰めたものです。

その素となるジュースは、青梅を木槌で叩いて種を取り出した果肉をフードジューサー

で粉砕、ガーゼ布で絞って作ります。

4169

梅肉エキスは、江戸時代からある民間療法。適宜耳かきに1杯程度の微量を舐める

ことで、その効果を発揮します。

大変な労力で出来上がった梅肉エキス、愛用してこれからの猛暑を乗り越えたいと

思っております。

(主な効能)

血流改善・降圧作用・免疫細胞の活性化・疲労回復・肝臓強化・静菌作用 等。

2013年6月 8日 (土)

がん再発を防ぐ「完全食」(文春新書)

4163

文藝春秋発行「がん再発を防ぐ『完全食』」を図書館で借り受けました。

著者は、済陽 高穂(わたよう たかほ)。千葉大医学部卒で、現在は西台クリニック院長。

がんは、生活習慣病、日頃の生活習慣で、6~7割が予防することが可能だと説いて

います。

その大きな柱となるのが、食べ物で、がんと食べ物の関係について、著者がたどり着いた

「食事療法」に興味を覚え、読み進めたいと思っております。

2013年6月 6日 (木)

畑作5年目の記録(其の4)

4161

玉ねぎを収穫しました。

元肥は鶏糞ペレット、追肥は化成肥料(8・8・8)を使用。

畑作大先輩のM・I さんはペレットではなく、鶏糞そのものを鍬込んで成果を上げられて

いるとのこと。試してみたいと思っております。

4162

自宅のガレージに吊しました。玉ねぎは血液をサラサラにする効果があるので、毎日

食べたいと思います。

4160

畑の畝に咲いていた花。花の名前は?

2013年6月 3日 (月)

畑作5年目の記録(其の3)

4155

「たまねぎ」の葉が倒れて、そろそろ収穫の時期を迎えたようです。

4154

「じゃがいも」は、「キタアカリ」と「男爵」を植え付けましたが、順調のようです。

4152

「水菜」は最盛期を迎えました。順次間引いて収穫しています。

4153

「ほうれん草」、葉っぱが枯れ始めました。そういえば、ほうれん草は春先までの作物

だったのかも知れません。栽培には適期があるのを再認識した次第です。

4146

「にんにく」の葉っぱに瘤が!? 

収穫時期の到来でしょうか。調べてみたいと思います。

4156

いんげん「モロッコ」の種を蒔きました。以前はつるなしの「モロッコ」でしたが、

今回のはつるありで、果たして上手く収穫に至るか不安です。

写真中央が種を蒔いて土を被せたところで、その両側は肥料「鶏糞のペレット」。

穴を掘って、土を被せました。

去年、畑作の大先輩 M・I さんから肥料は鶏糞が良いと教わっていたので今回試す

ことに。でも、その正しい使い方が不如意、ご教示をお願いしたいと思っております。

4145

今回使用した「鶏糞 ペレット」。

さて、今年に入ってからブログの更新が途切れがちになりました。

その事由の第一は、「73才から始めた囲碁入門」です。それは、幼稚園児の姪御

さんが囲碁教室に通っていると、聞いたのがきっかけでした。

この年で囲碁教室に通うのも気が引けて、もっぱらインターネット碁「パンダネット」で

対局しています。同じ程度の相手を選んで対局しますが、勝敗は負けの方が多いです。

図書館で参考書を借りて読んでいますが、やはり「定石」を憶えることと、対局数を増やして

実戦に慣れることではないかと思ったりしております。前途多難です(汗)