フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

浪高11期生 池本学級クラス会(フェローズ)

4383_2
10月27日、「浪高11期生 池本学級クラス会」が「フェローズ」で開催されました。

参加者は8名。昭和34年卒業以来54年が経過、年々参加者が少なくなっています。

 

4388_2


思い出話に花が咲きます。

4390_2

4391_2


カラオケタイム。懐メロのオンパレードが延々と・・・。

4393_2


4384_2


会場「フェローズ」近くの「法善寺。

4385_2

4386_2

4387_4


クラス会が開催された「フェローズ」正面。

 

 

 

 

 

 

 

2013年10月14日 (月)

ヘルマンハープ コンサート(花の文化園)

4358
10月13日(日)、河内長野市の「花の文化園」で開催された「ヘルマンハープ コンサート」

を視聴してきました。

4359
ヘルマンハープ、聞き慣れない楽器 !?

ヘルマンハープはドイツ人のヘルマン氏がダウン症の息子さんのためにと約26年前に

考案された楽器とのこと。

4361
心に染みいるような美しい音色と五線譜が読めなくても誰にでも弾ける親しみやすさで、

スイスやオーストリアへと伝わり、日本へは2004年に渡ってきたとのこと。

一人でもグループでも演奏が楽しめ、生涯学習として大いに期待されているようです。

4354
「マリーゴールド」

4367

4366
「ダリア」は一部咲いていましたが、一面に咲き誇るのは2週間後位でしょうか。

4357

4368

4352
「コスモス」は今が一番の見頃でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年10月13日 (日)

畑作5年目の記録(其の5)

4347
大根の葉っぱが大きくなってきました。そろそろ1本仕立てに間引こうと思います。

4345
白菜、防虫紗無しで植え付けたところ、虫食いが激しい。

防虫のために「オルトラン」を植え付け時に蒔いたが、オルトランは速効ではないようで、

防虫紗を用いない場合は殺虫剤の散布が必須かも知れません。

4344
ブロッコリーの葉っぱも虫食いだらけ。果たして収穫できるのか不安に・・・。

4346
わけぎは水遣りが不足のためか、余り育っていない。

4348
秋なす、(夏なす後の)剪定時期を逸したからか、収穫はさびしい限りだった。

4349
鳥除けの風車、モグラ除けにも効いているように思っているが・・・、果たして。

 

 

 

 

 

2013年10月11日 (金)

目から元気に !(河内長野市 天野公民館)

4341_3
10月10日、河内長野市立天野公民館で開催された講演を受講しました。

演題は「視力(目)の機能~目から元気に!~」。

私は15年前に左目の白内障手術を受けたが、最近反対側の右目の視力が低下。

その原因が単なる加齢によるものなのか、右目も白内障に罹ったのか・・・、疑問に思って

いたところだったので受講することに。

4342_2
講師は「江富眼科医院」の江富明彦先生。

講演では私の症状に合致する内容はなかったので、近々眼科専門医院で診てもらおうと

思うに至りました。

4324_2
裏庭の「金木犀」が満開になり、芳香が辺り一面に。

4325
「ニラ」の花も咲きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年10月 7日 (月)

平成25年度 東大阪市民文化祭(東大阪市民美術センター)

4337_2


10月5日、東大阪市民美術センターで開催された「茶花道大会」を鑑賞してきました。

 

4326
東大阪市茶花道協会 木田勝心斉(啓心流宗家) 会長の作品

花材:「木ササゲ 木イチゴ ゴールデンカラー ダリア」

4328
近代挿花草風古流 栗田理順さんの作品

花材:「雲龍柳 キングプロティア ドラセナ」

4332
額縁を利用したいけばな作品。珍しい趣向に、思わずシャッターを切りました。

4331
いけばなは67流派が出展。お茶席は2裏千家が担当されていました。

4335
「若江村ダンジリ夜景」 須田剋太原画の壁面レリーフ。当美術センターの1Fから2Fへの

階段壁面に飾られています。

東大阪名誉市民 司馬遼太郎「街道をゆく」シリーズで共に旅した須田剋太が市内の

だんじり風景を描いた挿絵を壁面レリーフにしたもの。

4338_2
「石のささやき」という名の 巨大石のモニュメント。

当美術センターの北側の「花園ラグビー場」との間にある公園広場に設置されています。