フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

水彩画 Feed

2015年2月27日 (金)

第33回 久宝寺コミセンまつり(久宝寺コミュニティセンター)

Dsc03419
2月21日、八尾市久宝寺コミュニティセンターで開催の「第33回 久宝寺コミセンまつり」

に行って来ました。

Dsc03408

Dsc03417

Dsc03418
手芸コーナー

Dsc03416
「男の料理教室」、美味しそうな献立、料理が自分で出来れば楽しいでしょうね。

Dsc03412
「美術会」、4号とSMサイズの小品が展示されていました。

 

 

 

 

 

 

2014年10月25日 (土)

退職者の趣味展(東大阪市民会館)

Dsc03121_2


10月24日、東大阪市民会館で開催された「趣味の美術展」を鑑賞してきました。

いけばなは、啓心流宗家 木田勝心斉さんの作品です。

Dsc03127
能面。

Dsc03125
絵画。

Dsc03123
絵画。

Dsc03122
竹大工など、手作りの作品。

この展示会は、退職者の親睦会が主催、そして会員が出展しています。

ところで、平均寿命が延びた結果、退職後の余命は勤務年数に匹敵するとか。

出展されている方々はいずれもその余暇を有意義に過ごされている証ではないかと

羨ましく拝見させて頂いた次第でした。

 

 

 

 

2014年3月 5日 (水)

シクラメンを描く(水彩画)

4605
シクラメンをスケッチ、水彩絵の具で淡く彩色しました。用紙は画仙紙。

4606
ふきのとうが大きくなってきました。寒い日が続いていますが、春は間近に。

4608
家庭菜園のキャベツ。無農薬で栽培した結果、葉っぱは虫食いだらけ。

4609
本日、家庭菜園で収穫した野菜。大根・キャベツ・白菜・ネギ、そしてブロッコリー。

じゃがいもの植え付け時がせまってきたので、そのスペースを確保するため、収穫を

急がねばなりません。

 

 

 

 

 

2014年2月 4日 (火)

色紙交換会

4508
1月18日はグループの新年会。持ち寄りの色紙交換に提出した蟹の水彩画。

どなたに貰って頂いたかは失念。

4536
くじ引きで、私が頂戴したYさんの「がしら」の作品。

生きのいい、美味しそうながしら。額装して飾りたいと思っております。

 

 

 

2013年9月28日 (土)

第11回 調美会展(マサゴ画廊)

4310
一昨年まで勤務していた、ボランティア的職場の美術制作を楽しんでいるメンバーの

「第11回 調美会展」は9月30日(月)~10月5日(土)、「マサゴ画廊」で開催されます。

Photo


9月28日午後6時、「第11回 調美会展」の作品展示を完了、そして記念撮影。

皆さん、自信作を無事に展示できて満足のご様子。

4314
展示作業後のビールを傾けながらの歓談は1時間半。

この写真は、お開きの挨拶があって、あわててシャッターを切りましたが、テーブルに

並んでいたビールやおつまみは片付けられた後で、さびしい画面になってしまいました。

それはともかく、週明けからの展示会に多くのご来場者を期待して散会となりました。

(追記)

出展作については、下記をご覧頂ければ幸いに存じます。

「 調美会」

http://cyoubikai.blog91.fc2.com/

 

 

 

 

 

 

2013年1月19日 (土)

ウエットパレットを自作 !?

3788

左は以前に25ドル(3000円)で購入した(アクリル絵の具用)ウエットパレット。

右は自作のウエットパレット、材料費は(百均で購入した)105円のフタ付き

タッパーウェア。

3784

このタッパーウェアはフタ付きで密閉が可能。「百均」で105円でした。

アクリル絵の具は水で溶けて発色も良く重宝ですが、難点は乾きが早すぎる

ことです。通常のパレットでは直ぐに乾いてしまって、特に戸外での写生には

不向き。

そこで以前、ネットでアメリカ製の「マスターソン ウエットパレット」を当時の

為替レート・1ドル=120円で購入した価格は3000円でした。

それをこの度自作した次第です。

3785

家にあったスポンジをタッパーウェアのサイズに裁断、底に敷き。

3787

手持ちの「ペーパーパレット」をはがしてスポンジの上に。

そしてスポンジに水を浸せば出来上がり。

3789

早速、使ってみました。

色紙(和紙)にジェッソを塗って乾燥させ、アクリル絵の具で花を描いてみました。

今までもっぱら水彩画を描いてきましたが、今年は自作のウェットパレットを

持参、(アクリル絵の具で)戸外での写生にも励みたいと思っております。

2012年11月 8日 (木)

そば道場「七望流」(水彩画)

3527

11月8日、天野山金剛寺近くの「七望流(ななつぼうりゅう)そば道場」を望む

風景をスケッチしました。ボールペンと8B鉛筆でスケッチ、透明水彩で淡く彩色

しています。

この川は「天の川」。滝畑ダムから金剛寺境内を経由、寺が池へ流れているよう

です。

3526

このそば道場は天野山金剛寺の東隣にありますが、道場主は南海高野線

「千代田駅」西へ徒歩5分、「そば広」を経営されています。

3521

「天野山金剛寺」山門。

3522

「南朝御在所 摩尼庵」。

3520

境内の紅葉。少し色づきはじめたようですが、2週間後には見頃でしょうか。

2012年7月27日 (金)

天野酒・酒蔵(水彩画スケッチ)

31891

7月26日(木)、河内長野駅近くの「西條酒造会社」界隈へスケッチに。

これは「天野酒・酒蔵」のスケッチ。羽根ペンに油性の黒インクを付けて素描、

透明水彩絵の具で彩色しました。用紙はアルシュのF10号をパネルに水張り。

但し、水彩用紙アルシュは紙の吸い込みがきついので、それを抑えるため、

「サイジング リキッド(どうさ液)」を等倍の水で薄めて刷毛で塗りました。

(追記)

この日の気温は35度を超える猛暑日、日陰のない炎天下、スポーツドリンク3本

を飲み干して熱中症防止に努めました。

31861

この界隈は旧村で、江戸時代の建物が多く見られます。

地域では、各戸に(酒造会社が掲げる)「杉玉」が吊されています。これは「街並

み保存活動」のシンボルとしての運動の一環だとか。

この写真の土壁のある旧家は、描いてみたいモチーフの一つです。

3184

畑に南瓜が実りました。数個あるようで、収穫が楽しみです。

2012年7月10日 (火)

尻無川一景(水彩画スケッチ)

31521

6月4日(月)、「JR大正駅」近くの「尻無川」へスケッチに行って来ました。

これはカラーインクの黒で描いたスケッチ画。ペンは件のペリカンの羽根です。

透明水彩絵の具で彩色。一部ハードパステルも使用しています。

31511

ところで、この画像と上の画像は同じ作品を撮ったものですが、この画像は

蛍光灯の照明で、そして上の画像は昼光色電球で撮った結果、(色合いが異

なり)両者は異なった作品に見えます。原画を忠実に再現するのは至難ではあ

ますね。

31481

スケッチした原風景。スケッチでは起重機の向きを逆方向に置き換えて描いて

います。それは構図として、その方が収まりが良いように思えたからでした。

2012年7月 1日 (日)

西本願寺堺別院界隈(水彩画スケッチ)

31322

堺寺内町 、西本願寺堺別院界隈へスケッチに行って来ました。

これは西本願寺堺別院南隣の民家。虫籠窓に魅力を感じてスケッチ。

建物の古色を表すため、(グリザイユ画法による)影の部分のみの彩色に。

31312

ちなみに、彩色前のラフスケッチ。ペンは耐水性の太字用ボールペンです。

31121

「西本願寺堺別院」の表門。

31111

「西本願寺堺別院」界隈。この界隈一画は第二次大戦の空襲から免れたようで

江戸時代の建物が保存されている貴重な地区のようです。