フォトアルバム

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

美術ブログ村

  • 美術ブログ村
    にほんブログ村 美術ブログへ

水彩画 Feed

2012年4月25日 (水)

当麻寺・東塔(水彩画スケッチ)

28771

4月15日、奈良県葛城郡當麻町の「当麻寺」へスケッチに行って来ました。

8Bのステッドラー鉛筆でラフスケッチ、淡彩に着色しました。

実景では塔の背景には樹木が数多く茂っていますが、省略しています。

2844

桜の花越しに臨む当麻寺・東塔。

2848

花吹雪がしきりに。

2846

2845

今年最後の花見でもありました。

2012年2月29日 (水)

近江八幡堀(水彩画スケッチ)

2617

滋賀県近江八幡「八幡堀」のスケッチです。カラーインクでラフスケッチ、水彩で

彩色しました。カラーインクは初めてです。もう少し変わった効果を期待しての

ことでしたが・・・、やはり使い慣れないと難しいようです。

2610

2609

四川料理「翠陽」で夕飯を摂りました。場所は大阪狭山市ぐみの木南。

「坦々麺」が美味しいと聞いていましたが、麻婆豆腐、八宝菜、小籠包(しょうろ

んぽう)も美味しく、3人で生ビール2杯も込みで6000円は格安に感じました。

是非又行きたい店の一つになりそうです。

2012年2月17日 (金)

近江八幡(水彩画スケッチ)

2575

近江八幡、八幡堀に架かる「白雲橋」をラフスケッチしました。ステッドラーの8B

鉛筆で素描、透明水彩で淡彩に着色。影の濃い部分はチャコールペンシルで

加筆しています。

2572

大麦焼酎「中々(なかなか)」を頂戴しました。ハーフアンドハーフのお湯割で

戴くつもりですが、ストレートかロックなどの方が風味を味わえて良いのかも知

れませんね。有難うございました。

2012年2月13日 (月)

水彩画スケッチ(近江八幡)

2571

滋賀県近江八幡市へスケッチに行って来ました。当日は時々小雨がぱらつく寒

一日。そのせいかインクの乾きが悪く、水彩絵の具が滲んで暗い感じの画

になってしまいました。しかし、暗い感じはこの街並みのレトロな雰囲気を醸し出

しているのではないかと思ったりしております。

昨年5月、(昨年12月末まで)勤務していたボランティア的職場仲間の「研修旅

行」でこの船着き場から航程1時間半の屋形船を楽しんだのを懐かしく思い出

します。

ペンはセーラーの「ふでDEまんねん」、インクは同社製の「極黒(きわぐろ)」。

2552

2556

八幡堀。屋形船が出航してすぐに航行するところで、春には桜が咲き柳の緑

鮮やかな風光明媚な名所。暖かい日に再度ゆっくりと訪れたいと思います。

2012年2月 7日 (火)

ポケットトランペット(水彩画スケッチ)

2544

ポケットトランペットをスケッチしました。鳥の羽根ペンに墨汁を浸けてラフスケ

ッチ、水彩絵の具で彩色しました。

ところで、この絵は右から光が当たっていますが、天井の蛍光灯照明が上から

照射している結果、絵画として描きたい影が正しく表現出来ていません。

所詮絵画は光と影の表現に尽きるので正しい照明が肝要だと思います。

神戸の美術館に移設されていた「小磯良平のアトリエ」は部屋の長辺が南北

で、北側の上部にのみ窓がありました。それは南側だと太陽の移動によって影

も移動、変化してしまうから北側からの自然光が必須で、描くモチーフに安定し

た光を得るためにそうしているのだろうと推察しました。

今後、部屋に差し込む光に工夫して静物画にもチャレンジしたいと思っており

ます。

2012年1月 8日 (日)

寺が池公園(水彩画スケッチ)

2458

河内長野市立寺が池公園へスケッチに行って来ました。

画面中央は取水塔、この池の底地は粘土質、エメラルド色に澄んだ綺麗な水が

満ちていて、鯉・鮒・ブラックバスなど棲んでいる魚種も豊か。昔は清流にしかい

ないハスがこの池で釣れました。ところが20年前、残念なことにこの池は「釣り

禁止」となりました。それは事故が発生の際の市の管理責任を回避するための

措置だと推察します。釣り愛好家としては誠に残念なことではあります。

それはともかくとして、8Bのステッドラー鉛筆でラフスケッチ、透明水彩絵の具

淡彩に彩色しました。

2453

寺が池公園管理棟。昨年末にはこの公園は夜間イルミネーションで飾られて

いました。市民憩いの恰好の場を提供、今日は日曜日でもあって老若男女沢山

の市民がくつろいでいました。

2456

数カ所にある東屋では弁当持参で歓談に花を咲かせている高齢者や若い夫婦

が子供連れで楽しんでいます。

2452

2454

「花いっぱい推進運動」・河内長野ロータリークラブ

2455

2457

彼方の山は「葛城山」だと思います。

2011年12月11日 (日)

河内長野市「天見」(水彩画スケッチ)

2377

「天見(あまみ)」へスケッチに行って来ました。

天見は大阪府のそして河内長野市の最南端になります。南海高野線「天見駅」

で降車、駅を一歩出ると回りは里山風景、じっくりと描きたい風景があちこちに

あります。

このラフスケッチは8Bの鉛筆で素描、水彩絵の具で淡彩に彩色しました。

いつもの鳥の羽根ペンに墨汁を使って描きたかったのですが、今日は今年

一番の冷え込みで墨汁が乾くのに難儀しそうなので断念した次第です。

23691_2

駅の南へ歩いてすぐに見かけた古い民家、窓の形態から、江戸時代か明治の

建築ではないでしょうか。下の石垣にススキを入れて、迎角で描きたい題材で

す。

23731

この建物も幟を配してスケッチしたくなる風情です。

温かくなればもう一度スケッチに訪れたいところ。我が家から車でなら30分

位で来られそう。そしてもう少し南へ行けば「島の谷」、里山風景そのもの

を目にすることができます。。

2011年11月30日 (水)

 いけばな 啓心流(近鉄奈良線「永和駅」)

2342

啓心流宗家 木田勝心斉さんのいけばなは、毎月最終週に近鉄奈良線「永和

駅」に出展されています。

今月の花材は「石化ヤナギ カラー 孔雀草 モシステラ」。

ところで、この写真はケイタイカメラで撮りましたが、いつもながら照明の蛍光灯

ケースのガラスに映ってしまいます。

今回は作品だけを切り取って左右に茶色を配してみました。これで少しは作品

を際立たせることが出来たでしょうか。

2340_2

さて、このスケッチ画は先日掲載しましました。

これは水面を敢えて彩色していません。しかし、それでは鉄橋の足下が不安定

な感じがするようで、気になっておりました。

2341_2

そこで、淡彩で水面に着色したのがこの絵です。果たしてどちらが良いのか

迷っております。油彩画の場合は何度も塗り重ねができますが、水彩はそれ

ができません。

        

2011年11月17日 (木)

カフェ「エル・グレコ」(水彩画)

2310

倉敷のレトロなカフェ「エル・グレコ」。羽ペンに墨汁を付けてスケッチ、透明

水彩絵の具で彩色。この絵は水彩画用のキャンバスボードを使用しています。

このボードは発色が良いのが特徴ですが、塗り重ねには工夫が要るように思い

ます。

2309

写真は近鉄奈良線小阪駅近くの居酒屋「村一番」。

さて、11月16日(水)、勤務するボランティア的職の仲間で会食しました。

私達仲間は、5~6人集まるとカラオケそしてノミ二ヶーションが定番コース。

この日の勤務は午後1時に終了、居酒屋のオープンまでの数時間をカラオケ

で過ごすことにしました。

カラオケは「DAM精密採点Ⅱ」で競声。この日の最高得点は88.425。

お呼びだてして加わって下さったOB、Kさんの成績です。

ところで、カラオケの採点は採用しているソフトによって、その差10点くらいの

開きがあるようです。この日の機械は「DAM精密採点Ⅱ」。一番厳しい採点を

するようなので、このKさんの成績は値打ちがある、ということで皆が絶賛。

2308

お目当ての居酒屋での歓談は午後6時前から10時過ぎまで、大いに盛り上が

りました。そして来月中旬、大々的に参集、大いなる歓談を約してようやくお開き

なりました。

2011年11月 5日 (土)

紀ノ川河口(水彩画スケッチ)

2268

11月3日(祝日)、和歌山市の紀ノ川河口へスケッチに行って来ました。

11月3日は「文化の日」で晴天の特異日、過去の晴天率は76パーセントとか。

ところが、駅に到着してまもなく小雨が降り始め午後4時頃まで降り続きました。

これはよほど私の日頃の行いが悪いという証でしょうか。

小雨の中、羽ペンに墨汁を付けてスケッチ、水彩で彩色しましたが、雨が滲んで

汚い画面になってしまいました。

2260

南海本線の鉄橋。

今回、この鉄橋の右側だけをスケッチしましたが、写真のように両方の鉄橋を

取り入れた構図の方が良かったのかも知れません。

Photo

先日頂戴した「黒紫米」を炊きました。楊貴妃も食べたということで、感慨深く

賞味させて頂きました。

2263

泉南市の友人から頂戴した「冬瓜」。

本格的に耕作しているベテラン氏の作品。やはり畑作は土作りが第一である

と再認識した次第です。